Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » セルのエラー種別を表すXlCVError列挙に定義されている定数一覧

セルのエラー種別を表すXlCVError列挙に定義されている定数一覧

動作検証バージョン:Windows版Excel(バージョン1821 ビルド11126.20266)

セルで発生しているエラーの種別を表す定数が、XlCVError列挙に定義されています。

セルのエラー種別を表すXlCVError列挙に定義されている定数一覧

その一覧は、もちろんオブジェクトブラウザーで上図のとおり確認できますけれど、数値順で一覧を眺めたいと感じることがありましたので、一覧を作成しておきます。

[スポンサードリンク]

XlCVError列挙に定義されている定数一覧

定数
xlErrNull2000
xlErrDiv02007
xlErrValue2015
xlErrRef2023
xlErrName2029
xlErrNum2036
xlErrNA2042
xlErrGettingData 2043 
xlErrSpill2045
xlErrConnect2046
xlErrBlocked2047
xlErrUnknown2048
xlErrField2049
xlErrCalc2050

以前は、
  xlErrNull
  xlErrDiv0
  xlErrValue
  xlErrRef
  xlErrName
  xlErrNum
  xlErrNA
しかなかったのですが、新しいタイプの関数が増えていることに伴い、最近のバージョンでは定義されている定数も増えています。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » セルのエラー種別を表すXlCVError列挙に定義されている定数一覧

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » セルのエラー種別を表すXlCVError列挙に定義されている定数一覧

「エクセルマクロ・Excel VBAの使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.