Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » オブジェクト変数が同じオブジェクトを参照しているか判定するには

オブジェクト変数が同じオブジェクトを参照しているか判定するには

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「excel vba オブジェクト変数 比較演算子」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

Excel VBA(Visual Basic for Applications)で、オブジェクト変数を比較する演算子を探していた方による検索キーワードです。

オブジェクトを比較するにはIs演算子を利用します

オブジェクト変数を比較するということは、オブジェクト変数が同じオブジェクトを参照しているかどうかを判定するということでしょう。

その場合、Is演算子を利用します。

[スポンサードリンク]

オブジェクト変数が同じオブジェクトを参照しているか判定するサンプルマクロ

Is演算子を使った、オブジェクト変数を比較するサンプルマクロをご紹介しておきます。


Sub オブジェクト変数を比較する()
 Dim sh_a As Worksheet
 Dim sh_1 As Worksheet

 Set sh_a = ActiveSheet
 Set sh_1 = WorkSheets(1)

 If sh_a Is sh_1 Then
  MsgBox "先頭のシートがアクティブです。"
 Else
  MsgBox "先頭のシートはアクティブではありません。"
 End If
End Sub

上記のSubプロシージャを実行したときに、1枚目のワークシートがアクティブならば「先頭のシートがアクティブです。」というメッセージが、2枚目以降のワークシートがアクティブなら「先頭のシートはアクティブではありません。」と表示されます。

If文「If sh_a Is sh_1 Then」で登場する「Is」が、同じオブジェクトを参照しているかどうかを判定するIs演算子です。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » オブジェクト変数が同じオブジェクトを参照しているか判定するには

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » オブジェクト変数が同じオブジェクトを参照しているか判定するには

「エクセルマクロ・Excel VBAの使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.