Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » vbCrLfとはvbCrとvbLfを連結した文字列

Windows環境の改行を表す、VBAの定数vbCrLfについて、どうも誤解している方がいらっしゃるように感じましたので、記事にさせていただきます。

[スポンサードリンク]

vbCrLfは文字列

そもそもVBAの定数vbCrLfは(ヒトの目で判断し辛いのは事実ですが)文字列です。


Sub vbCrLfが文字列であることを確認する()
 MsgBox TypeName(vbCrLf)
End Sub

上記のSubプロシージャを実行すると「String」と表示されます。
  MsgBox TypeName("あいう")
を実行すれば「String」と表示されるのと同じことです。

なお、VBAのTypeName関数をご存知ない方は、
  MsgBox TypeName(32767)
を実行すれば「Integer」と表示され、
  MsgBox TypeName(32768)
を実行すれば「Long」と表示されることもご確認ください。

vbCrLfは2文字

vbCrLfと1つの定数になっているので、vbCrLfを何となく1文字と思っている方も、少なからずいらっしゃるように感じます。


Sub vbCrLfの文字数を確認する()
 MsgBox Len(vbCrLf)
End Sub

上記のSubプロシージャを実行すればLen関数で取得した文字数「2」が表示されます。
  MsgBox Len("伊藤")
を実行すれば文字数の「2」が表示されるのと似た話です。

ちなみに、
 MsgBox Len(vbCr)
あるいは、
 MsgBox Len(vbLf)
の場合は当然「1」が表示されます。

vbCrLfはvbCrとvbLfが連結されたもの

定数vbCrLfは、結局のところvbCrとvbLfを連結したものと同じです。


Sub vbCrLfがvbCrとvbLfの連結であることを確認する()
 MsgBox vbCrLf = vbCr & vbLf
End Sub

上記のSubプロシージャを実行すればTrueが表示されます。

最終更新日時:2019-10-16 15:03

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » vbCrLfとはvbCrとvbLfを連結した文字列

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » vbCrLfとはvbCrとvbLfを連結した文字列

「エクセルマクロ・Excel VBAの使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.