Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » マクロコードを簡単に表示−ジャンプダイアログ

マクロコードを簡単に表示−ジャンプダイアログ

対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007

VBA(Visual Basic for Applications)でマクロを作成していると、VBE(Visual Basic Editor)を開いて、該当するコードを表示するという作業が頻繁に発生します。

そんなときどんな操作でマクロコードを表示してらっしゃいますか?

VBEを表示しておいてから探すという方が多いと思いますが、マクロ名(プロシージャ名)が間違いなくわかっていれば、Excel側から簡単にマクロのコードを表示することができます。

[スポンサードリンク]

[ジャンプ]ダイアログを利用するのです。


▼操作手順:マクロコードを表示する
[Ctrl]キー+[G]キーを押す
 ↓
[ジャンプ]ダイアログ−[参照先]欄に
 Subプロシージャ名を入力後[Enter]キーを押す

例えば「TEST」という名前のマクロ(Subプロシージャ)があったとしたら、[ジャンプ]ダイアログ−[参照先]欄に「TEST」(大文字小文字は関係ありません)と入力して[Enter]です。

マクロ名がしっかりわかっていれば、他の操作よりも早くマクロコードを表示させられるはずです。

Subプロシージャを探すのによく手間取るという方は是非一度お試しください。

ここではマクロコードを探すということでご紹介しましたが、Functionプロシージャを表示する場合でも同じ操作でOKです。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » マクロコードを簡単に表示−ジャンプダイアログ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » マクロコードを簡単に表示−ジャンプダイアログ

「エクセルマクロ・Excel VBAの使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.