Home » Excel(エクセル)の使い方 » キーボード操作 » 行削除・列削除のショートカットキー−Ctrl+-キー

行削除・列削除のショートカットキー−Ctrl+-キー

対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007

「エクセル 行削除 ショートカット」
「エクセル 列削除 ショートカットキー」
といった検索がこのサイトで行われていることがあります。

行や列の削除を行うショートカットキーを探している方の検索です。

セル・行・列の削除には、わかりやすいショートカットキーが割り当てられています。

[スポンサードリンク]

選択してからショートカットキー[Ctrl]+[-]

セル・行・列の削除を行うショートカットキーは、[Ctrl]+[-]です。


▼操作手順:行を削除する
行を選択後[Ctrl]キー+[-]キーを押す

行を選択しておいてから[Ctrl]+[-]キ−を押せば行の削除となり、列を選択しておいてから[Ctrl]+[-]キ−を押せば列の削除となります。

特にノートパソコンをお使いのような場合は、先日ご紹介した、行・列を選択するショートカットキー・[Shift]+[スペース]・[Ctrl]+[スペース]と組み合わせて利用するのが便利だと感じます。

いきなりショートカットキー[Ctrl]+[-]

行・列を選択せずに、いきなり[Ctrl]+[-]キ−を押した場合は、何を削除するのかというダイアログが表示されます。


▼操作手順:行を削除する
行を選択しないで[Ctrl]キー+[-]キーを押す
 ↓
[削除]ダイアログで[行全体]オプションを選択後[OK]ボタンを押す

行・列を選択せずに[Ctrl]+[-]キ−を押すと、下図のようなダイアログが表示されます。

行削除・列削除のショートカットキー

ここで[行全体]オプションを選択すれば行の削除、[列全体]オプションを選択すれば列の削除となります。

関連語句
短縮キー, Keyboard shortcuts, キーボードショートカット
[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » キーボード操作 » 行削除・列削除のショートカットキー−Ctrl+-キー

TrackBack:2

TrackBack URL
行挿入・列挿入のショートカットキー−Ctrl+Shift++キー from インストラクターのネタ帳
エクセルで行を挿入したり、列を挿入したりするショートカットキーとは。
列の非表示・再表示のショートカットキー−Ctrl+0/Ctrl+Shift+0 from インストラクターのネタ帳
エクセルで、列を非表示にするショートカットキー、非表示になっている列を再表示するショートカットキーとは。

Home » Excel(エクセル)の使い方 » キーボード操作 » 行削除・列削除のショートカットキー−Ctrl+-キー

「キーボード操作」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.