Home » Excel(エクセル)の使い方 » キーボード操作 » セル選択のショートカットキー-Ctrl+Shift+矢印キー

セル選択のショートカットキー-Ctrl+Shift+矢印キー

対象:Excel97, Excel2000, Excel2002, Excel2003

範囲選択をするときに、ドラッグで苦労された方は少なくないはずです。

広い範囲を選択しようとしてマウスをドラッグ、スクロールする画面をずっと見つめ「ここだ」と思ってマウスを動かすものの、行き過ぎ。
マウスボタンから手を離していなければいいのですが、うっかり手を離してしまっているので、またはじめから選択し直し。

[スポンサードリンク]

こんな経験、たくさんの方がされているでしょうが、キーボードで範囲選択する方が楽なケースも多いですから、是非試してみてください。


▼操作方法 : キーボード操作でセルの範囲選択 (基本)
[Shift]キー+方向([↑][↓][←][→])キー

この操作がキーボードで範囲指定するときの基本です。
方向キーを押すたびに選択範囲が1行または1列づつ変化します。

これに他のキーを組み合わせることで、もっと便利に範囲選択ができます。


▼操作方法 : キーボード操作でセルの範囲選択 (応用)
[Ctrl]キー+[Shift]キー+方向([↑][↓][←][→])キー

[Ctrl]+方向キーを押すとデータの途切れるセルまでジャンプする機能がありますが、それに[Shift]キーを組み合わせることで、データの途切れるセルまでの範囲を一気に選択できるわけです。

ですからたとえば表全体を選択したい場合、一番左上のセルを選択しておいてから、[Ctrl]+[Shift]+[→]キーで1行目全体を選択し、次に[Ctrl]+[Shift]+[↓]キーを押せばいいわけです。

[Ctrl]キーを組み合わせた範囲選択では、自分が期待しているところとは微妙に違う箇所が選択されてしまうこともありますが、そんな場合は先の[Shift]キー+方向([↑][↓][←][→])キーで微修正をしましょう。

[Ctrl]キー+[Home]キーや、[Ctrl]キー+[End]キーなどに[Shift]キーを組み合わせることでも範囲選択できます。

どんな選択が行われるかは是非試してみてください。

関連語句
キーボードショートカット, 短縮キー, Keyboard shortcuts
[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » キーボード操作 » セル選択のショートカットキー-Ctrl+Shift+矢印キー

TrackBack:4

TrackBack URL
選択範囲を拡大・縮小表示する from インストラクターのネタ帳
対象:Excel ワークシートの表示サイズを変更するために、[標準]ツールバーの[ズーム]ボックス([?]ボタンの左隣の数値が表示されるボックス)は多くの方がお使いの機能だと思います。...
不要な行列を表示しない from インストラクターのネタ帳
対象:Excel Excelで業務用のシートを作成していくといろいろな要望が出てきます。 例えばA1セルからF50セルに見積書を作成したときに、G列以降・51行目以降がない状態にしたいという要望をいただくことがあります。Excelは元来256列×65536行の巨大な表の一部を使って表...
表全体を選択する−アクティブセル領域の選択 from インストラクターのネタ帳
対象:Excel 97,2000,2002,2003 [Shift]+方向キー/[Ctrl]+[Shift]+方向キーによる、セル範囲選択をご紹介しました。 もう一つ大きな表を扱う場合に是非とも知っておくべきショートカットキーがあります。...
西暦・和暦の対応表・早見表を作成する from インストラクターのネタ帳
対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003 DATEVALUE関数を使って西暦を和暦に変換する方法、言語設定によっ...

Home » Excel(エクセル)の使い方 » キーボード操作 » セル選択のショートカットキー-Ctrl+Shift+矢印キー

「キーボード操作」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.