Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » CurrentRegionプロパティ » CurrentRegionの意味

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「currentregionプロパティとは」
「vba currentregion 意味」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがあります。

Excel VBA(Visual Basic for Applications)に登場するCurrentRegionとは、

CurrentRegionの意味

何なのかを調べていた方による検索キーワードです。

[スポンサードリンク]

アクティブセル領域とは

Range.CurrentRegionプロパティについて理解するには、Excelのアクティブセル領域を理解できている必要があります。

アクティブセル領域とは、選択されているセル範囲から、すべての方向の最初の空白行・空白列までの領域のことです。

ショートカットキー[Ctrl]+[Shift]+[*]で、アクティブセル領域を選択できます。

アクティブセル領域の具体例

例えば、下図のような状態(A1:C3セルにデータが入力されB2セルがアクティブ)のときに、

CurrentRegionの意味

アクティブセル領域はA1:C3セルです。
ショートカットキー[Ctrl]+[Shift]+[*]で、A1:C3セルを選択できることを確認できます。
これがアクティブセル領域の基本です。

例えば、下図のような状態(データが入力されおらずB2セルがアクティブ)のときに、

CurrentRegionの意味

アクティブセル領域はB2セルです。
ショートカットキー[Ctrl]+[Shift]+[*]でも、選択セルは変化しません。
この状態のとき、ショートカットキー[Ctrl]+[Shift]+[*]と、[Ctrl]+[A]は違う動きをするため、アクティブセル領域を選択するショートカットキーとして、私は[Ctrl]+[A]よりも[Ctrl]+[Shift]+[*]をおすすめします。

例えば、下図のような状態(B3セルとC2セルにデータが入力されていてB2セルがアクティブ)のときに、

CurrentRegionの意味

アクティブセル領域はB2:C3セルです。
ショートカットキー[Ctrl]+[Shift]+[*]で、B2:C3セルが選択されます。

Range.CurrentRegionはアクティブセル領域を表すRangeオブジェクトを取得するプロパティ

で、CurrentRegionとは何かというと、アクティブセル領域を表すRangeオブジェクトを取得するプロパティです。


Sub CurrentRegionプロパティを確認する()
 Range("B2").CurrentRegion.Select
 MsgBox Selection.Address(False, False)
End Sub

上記のSubプロシージャを実行すると、
  Range("B2").CurrentRegion.Select
の行で、アクティブセル領域が選択され、
  MsgBox Selection.Address(False, False)
の行で、選択されているセル範囲(アクティブセル領域)のアドレスがメッセージボックスに表示されます。

先ほどと同じように、A1:C3セルにデータが入力されているとき、データが入力されていないとき、B3セルとC2セルだけにデータが入力されているときそれそれで、どのセル範囲が選択されるか、メッセージボックスにどのようなアドレスが表示されるか確認してみてください。

[スポンサードリンク]

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » CurrentRegionプロパティ » CurrentRegionの意味

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » CurrentRegionプロパティ » CurrentRegionの意味

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.