Home » Excel(エクセル)の使い方 » キーボード操作 » Windows7・Vista上のExcel2007で非表示列の表示ショートカットキーが効かない件


Windows7・Vista上のExcel2007で非表示列の表示ショートカットキーが効かない件

対象:Excel2007

[Ctrl]+[0]キーが列の非表示のショートカットキー、[Ctrl]+[Shift]+[0]キーが非表示になっている列を再表示するショートカットキーだということをご紹介しました。

このネタをご覧になった方から、[Ctrl]+[Shift]+[0]キーについて情報をいただいたのでご紹介させていただきます。

Windows 7やWindows Vistaで動いているExcel 2007の場合、[Ctrl]+[Shift]+[0]キーを押しても、列の再表示が行われないことがあるのだそうです。

[スポンサードリンク]

Microsoft KB(Knowledge Base)の文書番号981938で、その解決方法が紹介されていますが、このサイトでもご案内しておきます。


▼操作概要:Ctrl+Shift+0キーで列の再表示が行われない場合の対策
※地域と言語ダイアログから設定変更する方法
[地域と言語]ダイアログ
 −[キーボードと言語]タブ
  −[キーボードの変更]ボタンをクリック
 ↓
[テキストサービスと入力言語]ダイアログ
 −[詳細なキー設定]タブ
  −[キーシーケンスの変更]ボタンをクリック
 ↓
[キーシーケンスの変更]ダイアログ
 −[キーボードレイアウトの切り替え]欄で
  「割り当てなし」オプションを選択
 ↓
[キーシーケンスの変更]ダイアログ
 −[OK]ボタンをクリック
 ↓
[テキストサービスと入力言語]ダイアログ
 −[OK]ボタンをクリック
 ↓
[地域と言語]ダイアログ
 −[OK]ボタンをクリック

[地域と言語]ダイアログは、コントロールパネルから探してもいいですが、ある程度スキルのある方なら、[Windows]+[R]キーを押して表示される[ファイル名を指定して実行]ダイアログで「intl.cpl」を指定するほうが楽でしょう。


▼操作概要:Ctrl+Shift+0キーで列の再表示が行われない場合の対策
※レジストリを変更する方法
HKEY_CURRENT_USER\Keyboard Layout\Toggleキーの
 −[Layout Hotkey]を右クリックして[修正] を選択
 ↓
[値のデータ]ボックスの数値を「1」にする

レジストリを万一誤って変更すると、PCが起動しなくなるなど重大なトラブルが発生する可能性もあります。

レジストリを編集する場合は、事前にバックアップをとった上で、くれぐれもよく注意して自己責任で行ってください。

この情報を教えてくださった方、どうもありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします!

それから、
このKB981938はあくまでもExcel 2007についてのものですが、Excel 2010でも同様の不具合が発生する可能性はあって、そのときも同じ解決方法でいけるんじゃないかなあ、と私は推測しています。

関連語句
Keyboard shortcuts, キーボードショートカット
[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » キーボード操作 » Windows7・Vista上のExcel2007で非表示列の表示ショートカットキーが効かない件

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の使い方 » キーボード操作 » Windows7・Vista上のExcel2007で非表示列の表示ショートカットキーが効かない件

「キーボード操作」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.