Home » Excel(エクセル)の使い方 » キーボード操作 » 切り取ったセルの挿入のショートカットキー−Ctrl+Shift++キー

切り取ったセルの挿入のショートカットキー−Ctrl+Shift++キー

対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007, Excel2010

「Excel 2007 Ctrl+Shift+= 動かない」
「エクセル2007 切り取ったセルの挿入 ショートカットキー」
といった検索が行われていることがあります。

Excel 2007の[切り取ったセルの挿入]コマンドのショートカットキーについて調べている方の検索です。

「Excel 2007 Ctrl+Shift+= 動かない」
という検索は、ご存じない方には、なぜこれが切り取ったセルの挿入を意味しているのか謎かもしれません。

下図は、Excel 2007で、[Ctrl]+[X]キーを押すなどして[切り取り]を実行した直後に、[ホーム]タブ−[セル]グループ−[挿入]−[切り取ったセルの挿入]コマンドにマウスポインタを移動したところです。

切り取ったセルの挿入のショートカットキー−Ctrl+Shift++キー

「切り取ったセルの挿入(Ctrl+Shift+=)」というポップヒントが表示されています。

この括弧の中の「Ctrl+Shift+=」は、通常、そのコマンドのショートカットキーを表しています。

つまり「切り取ったセルの挿入(Ctrl+Shift+=)」というポップヒントは、[切り取ったセルの挿入]コマンドのショートカットキーが[Ctrl]+[Shift]+[=]であることを意味しているわけです。

しかし、少なくとも日本語環境では[Ctrl]+[Shift]+[=]キーで、切り取ったセルの挿入は実行できません。

[スポンサードリンク]

そのため「Excel 2007 Ctrl+Shift+= 動かない」という検索につながるわけです。


▼操作方法:切り取ったセルの挿入を行う
[Ctrl]キー+[Shift]キー+[+]キーを押す

行挿入・列挿入・セル挿入のショートカットキー[Ctrl]+[Shift]+[+]が、セルの切り取りを行った直後には、切り取ったセルの挿入のショートカットキーになるのです。

ちなみに2003以前のExcelの場合、ドロップダウンメニュー内のコマンドの横にショートカットキーが表示されているはずなのですが、下図のようにメニュー[挿入]−[切り取ったセル]コマンドの横にはショートカットキーは表示されていません。

切り取ったセルの挿入のショートカットキー−Ctrl+Shift++キー

けれども、2003以前のExcelでも今回ご紹介した[Ctrl]+[Shift]+[+]キーを、切り取ったセルの挿入のショートカットキーとして利用することは可能です。

セルの移動をするときに上書きしないために、わざわざ空白のセルを先に挿入しておいてからセルの移動をするという操作をしている方は、おそらく少なくないでしょう。そんな方は是非切り取ったセルの挿入をお試しください。

それから、似たような操作で、[Shift]キーを押しながらドラッグアンドドロップすると上書きされないという操作もあります。こちらもご存じなかった方は一度お試しください。

関連語句
キーボードショートカット, 短縮キー, Keyboard shortcuts, エクセルで切り取って挿入のショートカットキー
[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » キーボード操作 » 切り取ったセルの挿入のショートカットキー−Ctrl+Shift++キー

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の使い方 » キーボード操作 » 切り取ったセルの挿入のショートカットキー−Ctrl+Shift++キー

「キーボード操作」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.