Home » Excel(エクセル)の使い方 » キーボード操作 » 行の非表示・再表示のショートカットキー−Ctrl+9/Ctrl+Shift+9

行の非表示・再表示のショートカットキー−Ctrl+9/Ctrl+Shift+9

対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007

ショートカットキー[Ctrl]+[0]で列を非表示に、[Ctrl]+[Shift]+[0]で非表示にした列を再表示できることをご紹介しました。

行の非表示・再表示もショートカットキーもあります。

[スポンサードリンク]

行の非表示・再表示のショートカットキーは、列の非表示・再表示のショートカットキーを覚えてしまえば、比較的覚えやすいものです。


▼操作方法:行を非表示にする
[Ctrl]キー+[9]キーを押す

▼操作方法:行を再表示にする
[Ctrl]キー+[Shift]キー+[9]キーを押す

[Ctrl]+[0]&[Ctrl]+[Shift]+[0]が列の非表示&再表示でしたが、[0]の隣の[9]キーを使えば、行の非表示&再表示となります。

操作の注意点などは、列の非表示・再表示と同じです。

関連語句
キーボードショートカット, 短縮キー, Keyboard shortcuts
[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » キーボード操作 » 行の非表示・再表示のショートカットキー−Ctrl+9/Ctrl+Shift+9

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の使い方 » キーボード操作 » 行の非表示・再表示のショートカットキー−Ctrl+9/Ctrl+Shift+9

「キーボード操作」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.