Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 論理・情報 » 奇数行でTRUE、偶数行でFALSE-ROW・ISODD・MOD関数

奇数行でTRUE、偶数行でFALSE-ROW・ISODD・MOD関数

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit Excel(バージョン1911 ビルド12228.20364 Microsoft Store)

「行 奇数true 偶数false」
という検索キーワードでのアクセスに気が付きました。

行番号が奇数のときにTrue、偶数のときにFalseと判定するには、どうすればいいのかを探していらしたのでしょう。

[スポンサードリンク]

どのプログラミング言語について調べていたのかこの検索キーワードだけではわかりませんが、ここではExcelの計算式をご紹介します。

ROW関数とISODD関数で奇数行をTRUEと判定するサンプル

以下のような計算式で、奇数行にTRUEが、偶数行にはFALSEが表示されます。
▼操作概要:奇数行をTRUE、偶数行をFALSEと判定する
奇数行・偶数行を判定したいセルに
  =ISODD(ROW())
という数式を入力する

ROW関数は引数を省略したときに、ROW関数の入力されているセル自体の行番号を返します。
例えば、A1セルに
  =ROW()
と入力して、下方向にオートフィルすれば、1・2・3・4......と表示されます。

ISODD関数は、引数に指定された整数が奇数ならTRUE、偶数ならFALSEを返します。

ROW関数とMOD関数で奇数行をTRUEと判定するサンプル

以下のような計算式でも、奇数行にTRUEが、偶数行にはFALSEが表示されます。
▼操作概要:奇数行をTRUE、偶数行をFALSEと判定する
奇数行・偶数行を判定したいセルに
  =MOD(ROW(), 2) <> 0
という数式を入力する

MOD関数を使うと第1引数に指定された数値を、第2引数で割り算したときの余りを計算できます。

行番号を2で割り算した余りが0でない場合にTRUEと判定しています。

最終更新日時:2020-01-10 02:49

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 論理・情報 » 奇数行でTRUE、偶数行でFALSE-ROW・ISODD・MOD関数

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 論理・情報 » 奇数行でTRUE、偶数行でFALSE-ROW・ISODD・MOD関数

「論理・情報」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.