Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 論理・情報 » AND演算・OR演算を演算子で行う

AND演算・OR演算を演算子で行う

対象:Excel 97,2000,2002,2003

先日AND関数・OR関数についてご紹介した中で、
「Excelのワークシート上では、論理演算も基本的に関数を使って行うようになっています。」
という記述をしました。

確かにExcelで論理演算は基本的には関数で行うのですが、演算子を使って論理演算を行うこともできます。

[スポンサードリンク]

AND演算
「=IF(AND(B2>=80,C2>=80),"合格","不合格")」

「=IF((B2>=80)*(C2>=80),"合格","不合格")」
と書くことができ、

OR演算
「=IF(OR(B2>=80,C2>=80),"合格","不合格")」

「=IF((B2>=80)+(C2>=80),"合格","不合格")」
と書くことができるのです。

なぜAND演算が掛け算の演算子「*」でできて、OR演算が足し算の演算子「+」でできるのでしょう。

まず掛け算や足し算をする前の「B2>=80」「C2>=80」ですが、これはいずれも比較演算子を使った比較演算です。指定されたセルが80以上であれば「TRUE」、そうでなければ「FALSE」という値を返してきます。


掛け算・足し算でAND演算・OR演算ができることを理解するためには、その「TRUE」「FALSE」というのが、どういう値なのかを知っておく必要があります。

「=IF(D1,"真","偽")」
という計算式をE1セルに入力して、D1に以下のような値を入力してみてください。
「TRUE」「FALSE」「0」「1」「2」

D1セルに「FALSE」「0」を入力したときだけE1セルに「偽」と表示され、その他の値の場合は「真」と表示されます。

Excelでは「FALSE」というのを数字で表すと「0」で、それ以外の値は「TRUE」として扱われているのです。

ここで算数を思い出してください。どんな数値でも「0」を掛け算したら必ず「0」になるということを。それを「FALSE」=「0」という考えで表現しなおせば、他の値が何であれ「FALSE」を掛け算したら必ず「FALSE」ということになります。つまり2つの論理式を掛け算する場合、両方とも「TRUE」のときだけ掛け算の結果も「TRUE」になるわけです。これはAND関数と同じことです。

もう1つの足し算の方ですが、「0」に「0」を足し続けても「0」ですが、「0」に1つでも「0」以外の値を足し算すれば「0」ではなくなります。つまり「FALSE」だけを足し続けているうちは「FALSE」ですが、1つでも「TRUE」を足し算すれば「TRUE」になります。これはOR関数と同じことです。


例えばシスアドの勉強をしたことがある方なら、
「論理演算には論理積演算(AND演算)・論理和演算(OR演算)などがある」
といった説明を読んだ記憶があるはずですが、
「(B2>=80)*(C2>=80)」が論理「積」演算
「(B2>=80)+(C2>=80)」が論理「和」演算
なわけです。演算子がそのまま演算の種類を表しています。


Excelでは論理演算は基本的にAND関数やOR関数で行うのですが、「*」演算子や「+」演算子でもできることを是非ご記憶ください。AND演算やOR演算を行うときに、AND関数やOR関数ではできないが、演算子を使えばできる処理があるのです。具体例は追々ご紹介していきます。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 論理・情報 » AND演算・OR演算を演算子で行う

TrackBack:2

TrackBack URL
小文字の「true」「false」が大文字になる from インストラクターのネタ帳
対象:Excel 97,2000,2002,2003 小文字の「i」を入力したいのに、勝手に大文字の「I」になってしまう現象と回避策について、ご紹介しました。 Excelで小文字入力しても大文字になる現象が発生することがあるのですが、先の「i」が「I」になるのとはまったく異なる原因・...
Excelで複数の条件にマッチする行を探す(AND演算子) from ウェブ-HACKS 「とりあえずやってみよう!」ブログ
Excelで複数の条件にマッチする行を抽出する方法です。こちらも覚えておくと便...

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 論理・情報 » AND演算・OR演算を演算子で行う

「論理・情報」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.