Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 論理・情報 » 奇数・偶数の判定を行う関数は?−ISODD関数・ISEVEN関数

奇数・偶数の判定を行う関数は?−ISODD関数・ISEVEN関数

対象:Excel97, Excel2000, Excel2002, Excel2003, Excel2007

MOD関数を使って、2で割った余りから奇数・偶数判定をできることをご紹介しました。

奇数・偶数の判定を行う場合、多くの方は2で割った余りを調べる方法を利用していらっしゃると思うのですが、実はExcelには奇数・偶数判定を行う専用のワークシート関数が用意されています。

(かく言う私も、Excelを使い始めて長らく、こんな関数が用意されていることを知りませんでした。)

[スポンサードリンク]

ISODD関数とISEVEN関数です。


▼操作方法:奇数・偶数の判定を行う
※A2セルに入力された数値に応じてB2セルに奇数・偶数と表示する例

B2セルに
「=IF(ISEVEN(A2),"偶数","奇数")」
という計算式を入力する

ISEVEN関数は引数に指定された数値が偶数のときにTRUE、ISODD関数は奇数のときにTRUEを返します。

ISODD関数を使うなら
「=IF(ISODD(A2),"奇数","偶数")」
といった計算式でしょう。

通常はMOD関数を使って2で割った余りを調べる方法で十分だとは思いますが、ネストが深くなったり長い計算式になって、可読性が悪いようなときに、専用のISODD関数やISEVEN関数を利用するといいのかな、と感じています。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 論理・情報 » 奇数・偶数の判定を行う関数は?−ISODD関数・ISEVEN関数

TrackBack:3

TrackBack URL
一行おきに合計する−ISEVEN関数・ISODD関数・ROW関数 from インストラクターのネタ帳
対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007 IF関数・MOD関数・ROW関数を使って一行おき...
数式かどうかを調べる from インストラクターのネタ帳
対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007, Excel2010 条件付き書式を設定しているようなときなどに、数式が入力されて...
VBAで奇数・偶数判定を行う-Mod演算子 from インストラクターのネタ帳
Excel(エクセル)VBAで奇数・偶数の判定を行うには、割り算をしたときの余りを求める演算子Modを使って、2で割り算をした余りが0かどうかを調べるのが...

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 論理・情報 » 奇数・偶数の判定を行う関数は?−ISODD関数・ISEVEN関数

「論理・情報」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.