Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 数学 » 奇数・偶数の判定を行うには−MOD関数

奇数・偶数の判定を行うには−MOD関数

対象:Excel97, Excel2000, Excel2002, Excel2003, Excel2007

Excelで関数を扱いはじめた方から
「ある数値が奇数なのか偶数なのかを判定するにはどうしたらいいのでしょうか?」
というご質問をいただくことがあります。

プログラミングの経験がある方からは、まず出ることのない質問と言っていいでしょうか。

[スポンサードリンク]

判定したい数値を2で割った余りを調べれば、奇数・偶数の判定はできます。

▼操作方法:奇数・偶数の判定を行う
※A1セルに入力された数値に応じてB1セルに奇数・偶数と表示する例
B1セルに
  =IF(MOD(A1,2)=0,"偶数","奇数")
という計算式を入力する

「IF(,"偶数","奇数")」というIF関数は、「偶数」「奇数」という文字列を表示するためのもので、主たる判定を行っているのは、IF関数の第1引数

MOD(A2,2)=0

の部分です。

MOD関数は、第1引数の値を第2引数の値で割った余りを計算する関数ですから、「MOD(A1,2)」はA1セルの値を「2」で割った値を返してきます。

偶数とは2で割り切れる整数、奇数とは2で割り切れない整数ですから、「MOD(A1,2)」が「0」ならばA1セルには偶数が入力されていることになり、そうでなければ奇数ということになります。

最終更新日時:2021-10-27 18:07

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 数学 » 奇数・偶数の判定を行うには−MOD関数

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 数学 » 奇数・偶数の判定を行うには−MOD関数

「数学」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.