Home » Excel(エクセル)の使い方 » データベース・検索 » オートフィルタのリストに表示されるデータ数の上限−1000件

オートフィルタのリストに表示されるデータ数の上限−1000件

対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003

オートフィルタ機能をお使いの方から
「ドロップダウンリストに表示されないデータがあるのですが...?」
というご質問をいただくことがあります。

オートフィルタを設定して、フィールド見出しに表示された[▼]ボタンをクリックすると、そのフィールドに存在するデータがドロップダウンリストとして表示されますが、データとしては存在しているにも関わらず、ドロップダウンリストに表示されないデータがあるのだがどうしてか?というのがご質問の主旨です。

[スポンサードリンク]

オートフィルタのドロップダウンリストには重複しないデータが1000件までしか表示されないのが、Excel 2003の仕様です。

Excel 2003のヘルプで、「目次」−「データを処理する」−「データの抽出と並べ替え」−「セル範囲のデータを抽出する」には以下のような記述があります。


矢印[▼]をクリックして表示される一覧には、リストの入力データのうち、重複しないものが 1000 件目まで表示されます。

Excel 2002以前のバージョンについては、MSKKのサイトに以下のようなページがあります。


最近のバージョン97〜2003については、上限が1000件というのが仕様ですから、それを超えるデータがドロップダウンリストに表示されないというのはあきらめるしかありません。

しかし、ドロップダウンリストに表示されないからと言って、データとして抽出されないというわけではありません。

[▼]ボタンをクリックして表示されるドロップダウンリストから「(オプション)」をクリックすると、[オートフィルタオプション]ダイアログが表示されますが、このダイアログで条件を指定すればデータの抽出は行われます。

そもそも大量にデータがある場合、1000件もデータが表示されているドロップダウンリストから該当データを探すより、[オートフィルタオプション]ダイアログでキーボード入力する方が、はるかに早く操作できると私は思います。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » データベース・検索 » オートフィルタのリストに表示されるデータ数の上限−1000件

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の使い方 » データベース・検索 » オートフィルタのリストに表示されるデータ数の上限−1000件

「データベース・検索」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.