Home » Excel(エクセル)の使い方 » データベース・検索 » 重複データを削除する−フィルタオプション

重複データを削除する−フィルタオプション

対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003

Excelをデータベースとして利用するというのは実務でよく行われているわけですが、その中で重複したデータを削除したいという要望もよく出てきます。

[スポンサードリンク]

[フィルタオプションの設定]というコマンドを利用すれば、簡単に重複データを削除することができます。


▼操作方法:重複データを削除する
(A1セルにフィールド見出し、A2:A10セルに9個のデータが入力されているときに、重複データを削除した新たなリストをC列に作成する例)

メニュー[データ]−[フィルタ]−[フィルタオプションの設定]をクリック
 ↓
[フィルタオプションの設定]ダイアログで
 [抽出先]欄で[指定した範囲]オプションボタンをOnに
 [リスト範囲]欄で「A1:A10」セルを
 [抽出範囲]欄で「C1」セルを
 [重複するレコードは無視する]チェックボックスをOnに
設定
 ↓
[フィルタオプションの設定]ダイアログ−[OK]ボタンをクリック

厳密な言い方をすれば重複データを削除するのではなく、元のデータを残したまま重複データを除いた新たなリストを作成する方法です。

一番のポイントは、[重複するレコードは無視する]チェックボックスをOnにする点です。この操作方法をご紹介しても、うっかり[重複するレコードは無視する]チェックボックスをOffのままで[OK]ボタンをクリックしてしまう方が少なくない印象があります。

上記では[抽出先]欄で[指定した範囲]オプションボタンをOnにしていますが、[選択範囲内]オプションをOnした場合は、元のリストで重複データが非表示状態となります。

[リスト範囲][抽出範囲]欄は、セルをドラッグして指定すると「Sheet1!$A$1:$A$10」といったシート名つきの絶対参照表示となりますが、そのままで結構です。またキーボードから「A1:A10」といった相対参照で指定しても問題ありません。

単純化するために1列しかフィールドが存在しない例をご紹介していますが、もちろん複数列のフィールドが存在していても、上記と同様の操作で[リスト範囲]でリスト全体を指定すれば、完全に同一のデータを除いたリストを作成することができます。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » データベース・検索 » 重複データを削除する−フィルタオプション

TrackBack:4

TrackBack URL
Excel2007で重複データを削除する−重複の削除 from インストラクターのネタ帳
対象:Excel2007 「重複したデータを削除したいのですが...?」 「Excelで重複を削除してデータをまとめるには、どうすればいいのでしょうか?...
メニューにデータがない from インストラクターのネタ帳
対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003 Excelのデータベースコマンドは、メニュー[データ]内に多く配置され...
重複データを削除し重複のないリストを作成するマクロ−AdvancedFilterメソッド from インストラクターのネタ帳
対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007, Excel2010 「エクセル 重複データ削除 マクロ」 「Excel 重複しな...
重複データを削除するGoogleスプレッドシートのUNIQUE関数 from インストラクターのネタ帳
Googleスプレッドシートでは、Excel(エクセル)とは違って、関数を使って重複データを削除することができます。

Home » Excel(エクセル)の使い方 » データベース・検索 » 重複データを削除する−フィルタオプション

「データベース・検索」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.