Home » PowerPoint(パワーポイント)の使い方 » スライドショー・アニメーション » プレゼン中にタスクバーを表示−Ctrl+Tキー


プレゼン中にタスクバーを表示−Ctrl+Tキー

対象:PowerPoint2003

スライドショーの実行中に、デスクトップを表示する方法をご紹介しました。

プレゼンテーションの際、PowerPointのスライドショー実行中に他のファイルなどを提示するようなことがあり、そんなときプレゼンをスムーズに進行するのに有効な小技です。

ただしこれは、PowerPointの機能ではなくWindows標準の機能です。

[スポンサードリンク]

しかし同様の要望は強くあったと見え、PowerPoint 2003からはPowerPointに同じことを目的としたショートカットキーが用意されています。


▼操作方法:スライドショー実行中にタスクバーを表示する
[Ctrl]キー+[T]キーを押す

PowerPoint 2003では、スライドショー実行中に[Ctr]+[T]キーを押すと、タスクバーが表示されるのです。

タスクバーが表示されれば、開いているファイルや起動している別のアプリケーションソフトは簡単に選択できますし、開いていなかったとしても[スタート]ボタンから新たに起動することが可能です。

デスクトップがキレイならば、デスクトップを表示させても問題ないですが、決してそうではないことも少なくないでしょう。そんな場合はタスクバーだけを表示させる方が無難かもしれません。

PowerPoint 2003をお使いの方は一度試してみてはいかがでしょう。

関連語句
キーボードショートカット
[スポンサードリンク]

Home » PowerPoint(パワーポイント)の使い方 » スライドショー・アニメーション » プレゼン中にタスクバーを表示−Ctrl+Tキー

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » PowerPoint(パワーポイント)の使い方 » スライドショー・アニメーション » プレゼン中にタスクバーを表示−Ctrl+Tキー

「スライドショー・アニメーション」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.