Home » Office(オフィス)の使い方 » コマンドボタンを移動・削除する−Altキー+ドラッグ

コマンドボタンを移動・削除する−Altキー+ドラッグ

対象:Word,Excel,PowerPoint,Access
バージョン:97,2000,2002,2003

2003までのOfficeでは、[ユーザー設定]ダイアログが表示された状態で、ドラッグアンドドロップすることによってツールバー上からボタンを削除できることをご紹介しました。

実は[ユーザー設定]ダイアログを表示しなくても、簡単にツールバーからボタンを削除することができます。

[スポンサードリンク]

ボタン削除の前に、
ツールバー上でボタンの位置を変更したい、移動したいということがありますが、以下のような操作でツールバー上のボタンを移動することができます。


▼操作手順:ツールバー上のボタンを移動する
[Alt]キーを押しながら
 移動したいボタンをドラッグアンドドロップする

下図は、Excel 2003の[標準]ツールバー上の[書式のコピー/貼り付け]ボタンを、上記の方法で移動しようとしているところです。

ボタンの移動

[書式のコピー/貼り付け]ボタンが太い枠線で囲われ、マウスポインタの下には黒い太線が表示されています。この状態でマウスポインタから手を離せば、[標準]ツールバーの一番左に[書式のコピー/貼り付け]ボタンが移動されます。

この[Alt]キーを押しながらドラッグアンドドロップする操作で、ドロップ先を変えれば削除もできます。


▼操作手順:ツールバーからボタンを削除する
[Alt]キーを押しながら削除したいボタンを、
 ツールバー以外の場所へドラッグアンドドロップ

下図は[標準]ツールバー−[スペルチェック]ボタンを上記の操作で削除しようとしているところです。

ボタンの削除

先日ご紹介した、[ユーザー設定]ダイアログを表示してボタン削除をしようとしているときと同じく、削除しようとしているボタンが太い枠線で囲われ、マウスポインタには□で囲われた×印が表示されています。この状態でマウスボタンから手を離せば

[標準]ツールバーから[スペルチェック]ボタンが削除されます。

2003までのOfficeでツールバーのカスタマイズをご利用の方は、[Alt]キーを押しながらのドラッグアンドドロップ操作、是非お試しください。

[スポンサードリンク]

Home » Office(オフィス)の使い方 » コマンドボタンを移動・削除する−Altキー+ドラッグ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Office(オフィス)の使い方 » コマンドボタンを移動・削除する−Altキー+ドラッグ

「Office(オフィス)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.