Home » Office(オフィス)の使い方 » マクロが実行できない−セキュリティレベル

マクロが実行できない−セキュリティレベル

対象:Word 2000,2002,2003
Excel 2000,2002,2003
PowerPoint 2000,2002,2003
Access 2003

マクロを含んだファイルを開いているのに、マクロが実行できないのですが...?
というご質問をいただくことがあります。

確認してみると、マクロを実行するために、メニュー[ツール]−[マクロ]−[マクロ]をクリックして表示させた[マクロ]ダイアログで、[実行]ボタンが使用不可能となっています。

[スポンサードリンク]

この[マクロ]ダイアログ−[実行]ボタンが、使用不可状態となる原因はいくつか考えられるのですが、まず確認すべきはマクロのセキュリティレベルです。


▼操作手順:マクロのセキュリティレベルを「中」にする
メニュー[ツール]−[マクロ]−[セキュリティ]をクリック
 ↓
[セキュリティ]ダイアログ−[セキュリティレベル]タブをクリック
 ↓
[中 コンピュータに損害を与える可能性があるマクロを実行する前に警告します。]オプションボタンをOnに
 ↓
[セキュリティ]ダイアログ−[OK]ボタンをクリック

[セキュリティ]ダイアログ−[セキュリティレベル]タブには、いくつかのセキュリティレベルが表示されますが、安全性を確保しつつ利便性を落とさないセキュリティレベルが「中」です。

この設定にしてある場合に、マクロの含まれたファイルを開こうとすると、
「xxxはマクロを含んでいます。
マクロにはウィルスが含まれている可能性があります。マクロを無効にすると安全ですが、マクロが適正な場合、機能が使えなくなります。」
というメッセージが表示され、[マクロを有効にする]ボタンをクリックことでマクロを利用できるようになります。

マクロ機能を利用したウィルスが作成されたことから、安全性を確保するために導入された機能です。

[スポンサードリンク]

Home » Office(オフィス)の使い方 » マクロが実行できない−セキュリティレベル

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Office(オフィス)の使い方 » マクロが実行できない−セキュリティレベル

「Office(オフィス)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.