Home » Office(オフィス)の使い方 » ボタンがあったり、なかったり-標準と書式設定ツールバーを2行に並べて配置

ボタンがあったり、なかったり-標準と書式設定ツールバーを2行に並べて配置

対象:Word, Excel, PowerPoint
バージョン:2000,2002,2003

Office2000から、ツールバーのサイズ変更機能が拡張されたために、ツールバーのボタンがあったり、なかったりという状態が発生します。

よく使われるボタンが並んでいる[標準]ツールバーと[書式設定]ツールバーが1行に表示されているときに、パソコン教室などで「私のにはボタンがな〜い」というさわぎになります。

[スポンサードリンク]

[標準]ツールバーと[書式設定]ツールバーは同じ行に表示せず、別の行に表示しておいた方が便利じゃないかと思うのです。

ツールバーはドラッグして移動することができますから、ドラッグ操作で別の行にしてもいいのですが、以下の手順を行えばドラッグしなくても2行に並べることができます。


▼操作手順:[標準]・[書式設定]ツールバーを別の行に配置する
メニューの上で右クリック−ショートカットメニュー[ユーザー設定]をクリック
 ↓
[ユーザー設定]ダイアログ−[オプション]タブをクリック
 ↓
[[標準]と[書式設定]ツールバーを2行に並べて配置する]チェックをOnに
 ↓
[ユーザー設定]ダイアログの[閉じる]ボタンをクリック

2000では[ユーザー設定]ダイアログ上の表現が異なっていて、「[標準]と[書式設定]ツールバーを横に並べて配置する」チェックとなっているので、これをOffにしてください。

それから、この設定をしてもウィンドウが狭いと隠れるボタンが出てしまうので、ツールバーの横に空白部分がある程度にはウィンドウを広げていただく必要があります。

[スポンサードリンク]

Home » Office(オフィス)の使い方 » ボタンがあったり、なかったり-標準と書式設定ツールバーを2行に並べて配置

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Office(オフィス)の使い方 » ボタンがあったり、なかったり-標準と書式設定ツールバーを2行に並べて配置

「Office(オフィス)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.