Home » Office 2007(オフィス2007)の使い方 » Excel 2007(エクセル2007) » Excel 2013・2010・2007でR1C1参照形式にする

Excel 2013・2010・2007でR1C1参照形式にする

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013

Excel 2013・2010・2007でR1C1参照形式にする

「計算式をR1C1形式に変更する方法」
という検索が、このサイト・インストラクターのネタ帳で行われていました。

数式をR1C1参照形式で表示する方法を探している方による検索です。

[スポンサードリンク]

2007以降のExcelでR1C1参照形式にする

2003までのExcelで、R1C1形式にする方法は既にご紹介していますので、ここではExcel 2007・2010・2013で、R1C1参照形式にする方法をご紹介します。


▼操作概要:R1C1参照形式にする
[Excelのオプション]ダイアログ
 -[数式]
  -[数式の処理]欄
-[R1C1参照形式を使用する]チェックボックスをOnにする

Excel 2013・2010・2007でR1C1参照形式にする

Excelのオプションダイアログを表示する操作

[Excelのオプション]ダイアログの表示は、この設定変更を行うレベルの方なら、アクセスキー[Alt]→[T]→[O]を便利に感じるのではないでしょうか。

マウス操作で[Excelのオプション]ダイアログを表示する操作は、Excel 2010・2013の場合は[ファイル]タブ-[オプション]、Excel 2007の場合は[Officeボタン]-[Excelのオプション]です。

最終更新日時:2019-03-12 13:13

[スポンサードリンク]

Home » Office 2007(オフィス2007)の使い方 » Excel 2007(エクセル2007) » Excel 2013・2010・2007でR1C1参照形式にする

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Office 2007(オフィス2007)の使い方 » Excel 2007(エクセル2007) » Excel 2013・2010・2007でR1C1参照形式にする

「Excel 2007(エクセル2007)」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.