Home » Office 2007(オフィス2007)の使い方 » Excel 2007(エクセル2007) » 2007で、バックグラウンドでエラーチェックを行うは?


2007で、バックグラウンドでエラーチェックを行うは?

対象:Excel2007

Excel 2002から実装された、何らかのエラーがあったときに緑色の三角マークが出て教えてくれるエラーチェック機能は、便利といえば便利なのですが、どちらかといえばOffにしておきたいといった声のほうを、よく聞くように感じる機能です。

[スポンサードリンク]

ユーザーインターフェースが変更になった関係で、Excel 2007ではどこでエラーチェック機能をOffにできるのか戸惑う方もいらっしゃるようですので、ご紹介しておきます。


▼操作手順:エラーチェック機能をOffにする
[Officeボタン]−[Excelのオプション]ボタンをクリック
 ↓
[Excelのオプション]ダイアログ−[数式]をクリック
 ↓
[エラーチェック]欄
 −[バックグラウンドでエラーチェックを行う]チェックボックスをOffに
 ↓
[Excelのオプション]ダイアログ−[OK]ボタンをクリック

[バックグラウンドでエラーチェックを行う]チェックボックス

Excel 2007の場合、教科書的には上記の手順でエラーチェック機能をOffにできます。

セルに表示される緑の三角が鬱陶しいと感じた方はOffにしてみてはいかがでしょう。

Excelをしっかり使いこなしたいという方の場合、Onのままにしておいてどんなときにどのようなエラーを教えてくれるのかを楽しんでみるのも一興じゃないかと、思っています。

関連語句
[Excel Options]dialog box-[Formulas]-[Error Checking]-[Enable background error checking]checkbox
[スポンサードリンク]

Home » Office 2007(オフィス2007)の使い方 » Excel 2007(エクセル2007) » 2007で、バックグラウンドでエラーチェックを行うは?

TrackBack:1

TrackBack URL
Excel2007でエラーチェック機能をOffにする−エラーチェックオプションボタン from インストラクターのネタ帳
対象:Excel2007 Excel 2007の場合、[Officeボタン]−[Excelのオプション]ボタンをクリックして表示される、[Excelのオ...

Home » Office 2007(オフィス2007)の使い方 » Excel 2007(エクセル2007) » 2007で、バックグラウンドでエラーチェックを行うは?

「Excel 2007(エクセル2007)」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.