Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 数学 » SUBTOTAL関数の引数指定が簡単に−Excel2007

SUBTOTAL関数の引数指定が簡単に−Excel2007

対象:Excel2007

Excelに、SUBTOTALというワークシート関数があります。

各種統計量を返してくれる関数で、このサイトでもSUBTOTAL関数に関連したネタを何度かご紹介しています。

便利な関数なのですが、第1引数に何を指定すればいいのかがわかりにくいのが難点で、このサイトでもSUBTOTAL関数の引数を一覧にしてあります

このSUBTOTAL関数が、Excel 2007になってとても使いやすくなっています。

[スポンサードリンク]

Excel 2007のセルで、
「=SU」
まで入力すると数式オートコンプリート機能によって、
下図のように「=SU」ではじまる関数が複数表示された状態となります。

SUBTOTAL関数

この中から
「SUBTOTAL」
にカーソルを移動し、[Tab]キーを押すと下図のように、どの数値がどんな関数にあたるのか、引数の候補がわかりやすく表示されるのです!

SUBTOTAL関数

[関数の挿入]ダイアログにはこのような機能は見当たりません。Excel 2007をお使いの場合、SUBTOTAL関数については、手入力するほうが圧倒的に便利だと感じます。

Excel 2007をお使いの方は是非ご確認ください。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 数学 » SUBTOTAL関数の引数指定が簡単に−Excel2007

TrackBack:2

TrackBack URL
×サブトータル関数、○SUBTOTAL関数 from インストラクターのネタ帳
対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007 ワークシート関数のうち、カタカナで検索されやすいも...
WEEKDAY関数の機能アップ−Excel2010 from インストラクターのネタ帳
対象:Excel2010 先日「Excel Semi-Pro」というブログの「The WEEKDAY Functioin in Excel」という記事で...

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 数学 » SUBTOTAL関数の引数指定が簡単に−Excel2007

「数学」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.