Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 数学 » 最小公倍数の求め方−LCM関数

最小公倍数の求め方−LCM関数

対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007

ExcelではGCD関数を使って最大公約数を求められることをご紹介しました。

「エクセル 最小公倍数 関数」
という検索が行われていることもあります。

[スポンサードリンク]

最大公約数を求める関数があるのですから、最小公倍数を求める関数も用意されています。


▼操作方法:最小公倍数を求める
※A1セルとB1セルに入力された数値の最小公倍数をC1セルに求める例

「=LCM(A1:B1)」または
「=LCM(A1,B1)」という数式を
C1セルに入力する

「LCM」は、「Least Common Multiple」の頭文字をとったものです。

使い方の注意点などは、最大公約数を求めるGCD関数と同じです。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 数学 » 最小公倍数の求め方−LCM関数

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 数学 » 最小公倍数の求め方−LCM関数

「数学」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.