Home » Word(ワード)の使い方 » フィールドコード » ページ番号の挿入方法

対象:Word97,Word2000,Word2002,Word2003

複数ページの文書を作成する場合、ページ番号を入れるということはよくあります。

Wordにはそのためのコマンドが勿論用意されていますが、ページ番号の挿入方法は何種類かあります。

[スポンサードリンク]

普段使い慣れていない方法は一切知らないということはよくあることなので、ページ番号の挿入方法をまとめておきます。


▼操作手順:ページ番号を挿入する
メニュー[挿入]−[ページ番号]をクリック
 ↓
[ページ番号]ダイアログで、[位置][配置][書式]等を設定後、[OK]ボタンをクリック

上記の操作を行うと、ページ番号がレイアウト枠として挿入されます。

この方法で挿入されたページ番号は、以前ご紹介したように任意の場所に自由に配置できます。


▼操作手順:ページ番号を挿入する
メニュー[表示]−[ヘッダーとフッター]をクリック
 ↓
[ヘッダーとフッター]ツールバー−[ページ番号の挿入]ボタンをクリック

もう一つのメジャーなページ番号挿入方法が、この[ヘッダーとフッター]ツールバーを利用した方法です。

上記2種類の方法を利用しているという方が圧倒的に多いと思いますが、ページ番号の表示原理がわかっているともう一つ方法があることに気づくことができます。

ページ番号の正体はフィールドコードですから、フィールドコードの挿入操作でページ番号を挿入することもできます。


▼操作手順:ページ番号を挿入する
メニュー[挿入]−[フィールド]をクリック
 ↓
[フィールド]ダイアログ−[フィールドの名前]欄で「Page」を選択
 ↓
[フィールド]ダイアログで書式等を設定後[OK]ボタンをクリック

Wordに限らず、同じ結果を得る複数の操作方法が用意されていることは少なくありません。こういった複数の操作を確認しておくことは、パソコンをより上手く使いこなすための一助になるんじゃないかと思います。

また、パソコンインストラクターな方にとっては、こういった操作をしっかりチェックしておくことは必須なはずです。

[スポンサードリンク]

Home » Word(ワード)の使い方 » フィールドコード » ページ番号の挿入方法

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Word(ワード)の使い方 » フィールドコード » ページ番号の挿入方法

「フィールドコード」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.