Home » Excel(エクセル)の使い方 » ピボットテーブル・ピボットグラフ » Excel 2010・2007のピボットテーブルで列幅の固定-更新時に列幅を自動調整する

Excel 2010・2007のピボットテーブルで列幅の固定-更新時に列幅を自動調整する

対象:Excel2007, Excel2010

「エクセル2010 ピボットテーブル 列幅の固定方法」
という検索が行われていました。

初期状態のExcelでは、ピボットテーブルの更新を行うと、列の幅が自動的に更新されます。

2003までのExcelの場合、[ピボットテーブルオプション]ダイアログ-[書式オプション]欄-[表のオートフォーマット]チェックボックスをOffにすることで、更新を行っても列幅が変更されないことをご紹介しました。

先の検索は、同様のことをExcel 2010で行う方法を探している方による検索でしょう。

[スポンサードリンク]

Excel 2007・2010の場合、以下の手順で、ピボットテーブル列幅の固定を行うことができます。


▼操作手順:ピボットテーブルの更新時に列の幅が変更されないようにする
ピボットテーブル内で右クリック
 ↓
ショートカットメニュー[ピボットテーブルオプション]をクリック
 ↓
[ピボットテーブルオプション]ダイアログ
 -[レイアウトと書式]タブを選択
 ↓
[書式]欄
 -[更新時に列幅を自動調整する]チェックボックスをOffに
 ↓
[ピボットテーブルオプション]ダイアログ
 -[OK]ボタンをクリック

ピボットテーブルが機能アップしていることなども関係して、[ピボットテーブルオプション]ダイアログの設定項目が増え、チェックボックスの名称も変更になっていますが、考え方は2003までのExcelと同じです。

Excel2010・2007のピボットテーブルで列幅の固定

初期状態のExcel 2007・2010では、[ピボットテーブルオプション]ダイアログ-[レイアウトと書式]タブ-[書式]欄-[更新時に列幅を自動調整する]チェックボックスがOnになっているため、データ更新時に列幅が自動的に調整されます。

ですから[更新時に列幅を自動調整する]チェックボックスをOffにすることで、列幅が固定されます。

[ピボットテーブルオプション]ダイアログをリボンから表示する場合は、[ピボットテーブルツール]-[オプション]タブ-[ピボットテーブル]グループ-[オプション]ボタンをクリックしてください。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » ピボットテーブル・ピボットグラフ » Excel 2010・2007のピボットテーブルで列幅の固定-更新時に列幅を自動調整する

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の使い方 » ピボットテーブル・ピボットグラフ » Excel 2010・2007のピボットテーブルで列幅の固定-更新時に列幅を自動調整する

「ピボットテーブル・ピボットグラフ」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.