Home » Excel(エクセル)の使い方 » ピボットテーブル・ピボットグラフ » Excel 2007のピボットでデータ範囲の変更

対象:Excel2007

2003までのピボットテーブルで元データの範囲を変更するには、もう一度ウィザードを起動することをご紹介しました。

この操作をご紹介すると、いまいち納得できないという表情をされる方がいらっしゃいます。

なぜデータ範囲を変更するのに、ウィザードをもう一度起動するのか、他に何か方法があるんじゃないのか、といった感じで。

[スポンサードリンク]

そういった納得できない方は少なくなかったのでしょう。

Excel 2007ではコマンドが用意されました。


▼操作手順:元データ範囲を変更する
[ピボットテーブルツール]
 −[オプション]タブ
  −[データ]グループ
   −[データソースの変更][▼]ボタン
    −[データソースの変更]をクリック
 ↓
[ピボットテーブルのデータソースの変更]ダイアログ
 −[テーブル/範囲]欄で、データ範囲を指定
 ↓
[ピボットテーブルのデータソースの変更]ダイアログ
 −[OK]ボタンをクリック

上記の手順でデータ範囲を変更できるようになっており、2003までのようにもう一度ウィザードを起動するという、気持ち悪さは改善されたように感じます。

ただし、、、ピボットテーブル内にカーソルがあると表示される[ピボットテーブルツール]には、たくさんのコマンドが並んでいて、これはこれで改善の余地があると感じますが。

データソースの変更

Excel 2007でピボットテーブルをご利用の方は、ご確認ください。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » ピボットテーブル・ピボットグラフ » Excel 2007のピボットでデータ範囲の変更

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の使い方 » ピボットテーブル・ピボットグラフ » Excel 2007のピボットでデータ範囲の変更

「ピボットテーブル・ピボットグラフ」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.