Home » Excel(エクセル)の使い方 » ピボットテーブル・ピボットグラフ » データの集計方法を簡単に変更−Excel2007

対象:Excel2007

Office 2003 → Office 2007のバージョンアップでは、インターフェースが大きく変更され、快く思っていない方も少なくないようです

リボンについては思うところはいろいろありますが、全般としてExcel 2007の便利さに慣れてしまうと、もう2003には戻れないと感じています。

ショートカットメニューから値色でオートフィルタできる点は、わたし的にはかなり高評価ですし、ピボットテーブルの機能アップも便利に感じています。

[スポンサードリンク]

元データが数値データならば合計、文字データならばデータの個数をまず集計するのが、ピボットテーブルの仕様ですが、実務ではこの集計方法を変更する操作を頻繁に行わなければならないことがあります。

2003までのExcelでは、データの集計方法を変更するために、[ピボットテーブルフィールド]ダイアログを何度も表示するのを面倒に感じることもあります。

この変更操作が2007では大きく改善されているのです。


▼操作手順:データの集計方法を変更する
データエリアで右クリックし、
 ショートカットメニューの[データの集計方法]から選択する

下図は、合計が集計された状態で右クリックしているところです。

データの集計方法

この状態で[データの個数]を選択すれば、集計方法を[合計]から[データの個数]に変更できるのです。

2003までの[ピボットテーブルフィールド]ダイアログを使った変更方法より、ずっと簡単です。

Excel 2007をお使いの方は是非ご確認ください。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » ピボットテーブル・ピボットグラフ » データの集計方法を簡単に変更−Excel2007

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の使い方 » ピボットテーブル・ピボットグラフ » データの集計方法を簡単に変更−Excel2007

「ピボットテーブル・ピボットグラフ」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.