Home » Excel(エクセル)の使い方 » ピボットテーブル・ピボットグラフ » アイテムを常に表示ボタンは何に使うのか?−Excel2003・2002

アイテムを常に表示ボタンは何に使うのか?−Excel2003・2002

対象:Excel2002,Excel2003

Excel 2002・2003のピボットテーブルをお使いの方から、
「ピボットテーブルツールバーのアイテムを常に表示というボタンは何に使うのでしょうか?」
というご質問をいただいたことがあります。

Excel 2002や2003でピボットテーブルを作成すると、[ピボットテーブル]ツールバーが表示されますが、この[ピボットテーブル]ツールバーに[アイテムを常に表示]というボタンが存在しています。

アイテムを常に表示ボタン

[スポンサードリンク]

上図の右から3つ目のボタンが、[アイテムを常に表示]ボタンですが、
このボタンが何のためのボタンなのか
OnとOffとで何が違うのか
というのがご質問の主旨です。


▼ピボットテーブルツールバーのアイテムを常に表示ボタンの役割
データエリアにフィールドが追加されていない場合に
 行エリア・列エリアにフィールドが追加されたとき
  見出し項目の表示/非表示を切り替える

言葉にすると上記のような説明になるのですが、おそらくこの文章を読んでも何のことやら、わからない方が多いと思います。

興味のある方はサンプルファイルをダウンロードして、実際に操作してみてください。

▼サンプルファイル(002967.xls 67KByte)ダウンロード

サンプルファイルの「ピボットテーブル」シートを表示して、ピボットテーブルの状態をよく見ながら、[ピボットテーブル]ツールバー−[アイテムを常に表示]ボタンをOnにしたりOffにしてください。

Onにすれば行エリア・列エリアに見出し項目が表示されますが、Offにすると表示されなくなります。(但し、データエリアにフィールドを追加してしまうとOn/Offを切り替えても何も変化はありません。)

実際分析をする際には、アイテムが表示されていないと意味がないわけで、何のためにこんなボタンが用意されているかですが、これは速度改善のためなのです。

サンプルファイル程度のデータ量では実感することはできませんが、実務ではもっと大量のデータを使って分析を行います。

大量データを元にピボットテーブルを作成し、行エリア・列エリアにフィールドを配置しようとすると、それだけでExcelがとても重くなったりします。

そんなときに、[ピボットテーブル]ツールバー−[アイテムを常に表示]ボタンをOffにしておくと、重さが改善されることがあるのです。そのために用意されているボタンです。

ピボットテーブルの動作が重いと感じる場合に、一度お試しください。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » ピボットテーブル・ピボットグラフ » アイテムを常に表示ボタンは何に使うのか?−Excel2003・2002

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の使い方 » ピボットテーブル・ピボットグラフ » アイテムを常に表示ボタンは何に使うのか?−Excel2003・2002

「ピボットテーブル・ピボットグラフ」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.