Home » Excel(エクセル)の使い方 » ピボットテーブル・ピボットグラフ » フィールドリストの追加ボタンはどう使うのか

フィールドリストの追加ボタンはどう使うのか

対象:Excel2002,Excel2003

Excel 2002,2003でピボットテーブルのインストラクションをすると、ときどきいただく質問があります。

「追加ボタンは何に使うのでしょうか?」
「フィールドリストにある追加ボタンってどうやって使うものですか?」
といったご質問です。

[スポンサードリンク]

Excel 2002,2003でピボットテーブルを作成すると、元データのフィールド名が[ピボットテーブルのフィールドリスト]欄に表示されます。

このフィールドリストの一番下に[追加]ボタンがあるのですが、このボタンの使い方がよくわからないというご質問です。


▼操作手順:ピボットテーブルにフィールドを追加する
(データエリアにフィールドを追加する例)

ピボットテーブルに追加したいフィールド名を[フィールドリスト]で選択
 ↓
[追加]ボタン横のコンボボックスから「データ範囲」を選択
 ↓
[追加]ボタンをクリック

フィールドを
ページエリアへ追加するなら「ページ範囲」
行エリアへ追加するなら「行範囲」
列エリアへ追加するなら「列範囲」
を選択しておいて[追加]ボタンを押してください。

ピボットテーブルへのフィールドの追加は、ドラッグアンドドロップで行うという方が多いとは思いますが、同様のことをドラッグアンドドロップを使わずに行うために用意されているのが、[追加]ボタンです。

ですからフィールドの追加をドラッグアンドドロップで行っていて特に不便を感じなければ、[追加]ボタンを利用する必要はありません。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » ピボットテーブル・ピボットグラフ » フィールドリストの追加ボタンはどう使うのか

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の使い方 » ピボットテーブル・ピボットグラフ » フィールドリストの追加ボタンはどう使うのか

「ピボットテーブル・ピボットグラフ」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.