Home » Excel(エクセル)の使い方 » ピボットテーブル・ピボットグラフ » パーセントの出し方−全体に対する比率


パーセントの出し方−全体に対する比率

対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003

「ピボットテーブルで比率の出し方ってどうやるんでしたっけ?」
「ピボットテーブルでパーセントを求めるにはどうしたらいいんでしたっけ?」
ある程度ピボットテーブルを使ったことのある方からいただくご質問です。

分析の視点として、実数を見ることも重要ですが、全体の傾向を把握するために比率を見るということも必要になります。

ピボットテーブルを作成すると、合計や個数が簡単に求められますが、ちょっと操作するだけで比率・パーセントを求めることもできます。

ただし操作自体は決して難しくはないのですが、どのダイアログで操作すればいいのかが慣れていないとわかりにくいことと、ダイアログを表示させたあとちょっとした操作が必要なことなどから、先のようなご質問をいただくことがあります。

[スポンサードリンク]

全体に対する比率を求めるには以下の操作を行ってください。


▼操作手順:ピボットテーブルで全体に対する比率を求める
ピボットテーブルのデータエリア内でマウスの右ボタンをクリック
 ↓
表示されたショートカットメニューから[フィールドの集計]をクリック
 ↓
[ピボットテーブルフィールド]ダイアログ
 −[オプション]ボタンをクリック
 ↓
[ピボットテーブルフィールド]ダイアログ
 −[計算の種類]欄から「全体に対する比率」を選択
 ↓
[ピボットテーブルフィールド]ダイアログ−[OK]ボタンをクリック

合計ではなくデータの個数を求める操作として、[ピボットテーブルフィールド]ダイアログを使った操作をご紹介しました。

そのネタの中で、どこで右クリックするかが重要であるということに触れましたが、今回のパーセントを求める操作でも、同じく[ピボットテーブルフィールド]ダイアログを表示するので、どこで右クリックするかがとても重要です。

▼サンプルファイル(002700.xls 54KByte)ダウンロード

サンプルファイルの「全体に対する比率」シートで、上記の操作を行って担当営業名・得意先名ごとの受注金額合計のパーセンテージを表示させています。

もし、サンプルファイルの「合計」シートで上記の操作を行うのならば、データエリアのB5:I13のいずれかのセルか、「合計 / 受注金額」と表示されているA3で右クリックをしてください。

全体に対する比率を求める操作で注意すべきもう一つの点は、[ピボットテーブルフィールド]ダイアログで[オプション]ボタンを押す必要があるということです。

[ピボットテーブルフィールド]ダイアログを表示することはできたのに、[オプション]ボタンのクリックを忘れてしまったという方も、とてもよく見かけます。

ピボットテーブルでパーセントを出す操作をよく利用しそうだという方は、ピボットテーブル内のどこで右クリックすればいいのかと、[ピボットテーブルフィールド]ダイアログで[オプション]ボタンをクリックすることを、是非ご記憶ください。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » ピボットテーブル・ピボットグラフ » パーセントの出し方−全体に対する比率

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の使い方 » ピボットテーブル・ピボットグラフ » パーセントの出し方−全体に対する比率

「ピボットテーブル・ピボットグラフ」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.