Home » Excel(エクセル)の使い方 » ピボットテーブル・ピボットグラフ » ピボットテーブルで平均を求める


ピボットテーブルで平均を求める

対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003

ピボットテーブルを作成したときに、元のデータの種類によって、データの個数が表示される場合と、合計が表示される場合があるということをご紹介しました。

元データが数値データの場合、まずは合計が表示されるのですが、分析をする場合に他の統計量を表示させたいということもあります。

もっとも代表的な統計量が平均値です。

[スポンサードリンク]

ピボットテーブルでは、簡単に平均を表示させることもできます。


▼操作手順:平均を表示する
ピボットテーブルのデータエリア内で右クリック
 ↓
表示されたショートカットメニューから
 [フィールドの設定]をクリック
 ↓
[ピボットテーブルフィールド]ダイアログ
 −[集計の方法]欄で「平均」を選択
 ↓
[ピボットテーブルフィールド]ダイアログ
 −[OK]ボタンをクリック

[ピボットテーブルフィールド]ダイアログ−[集計の方法]欄には、

  • 合計
  • データの個数
  • 平均
  • 最大値
  • 最小値
  • 数値の個数
  • 標本標準偏差
  • 標準偏差
  • 標本分散
  • 分散

といった集計方法が表示されており、選択して[ピボットテーブルフィールド]ダイアログ−[OK]ボタンをクリックすることで、簡単に該当する統計量を表示させることができます。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » ピボットテーブル・ピボットグラフ » ピボットテーブルで平均を求める

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の使い方 » ピボットテーブル・ピボットグラフ » ピボットテーブルで平均を求める

「ピボットテーブル・ピボットグラフ」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.