Home » Excel(エクセル)の使い方 » ピボットテーブル・ピボットグラフ » データエリア追加時に、合計になるときとデータの個数になるとき

データエリア追加時に、合計になるときとデータの個数になるとき

対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003

ピボットテーブルをご利用の方から、
「データエリアにフィールドを追加したとき、合計になる場合とデータの個数になるときがあるのはなぜですか?」
というご質問をいただくことがあります。

例えば、売り上げの集計・分析をするような場合、データエリアには売上金額を追加することが多いでしょう。この場合はデフォルトの集計方法は合計となります。

アンケートをとって集計を行うような場合、「tky0001」といったIDのようなものが振られていれば、そのIDをデータエリアに追加します。このときの集計方法は、合計ではなくデータの個数となります。

[スポンサードリンク]

この「合計」になるときと「データの個数」になるときに違いは何によるのか?というのが先のご質問の趣旨です。


▼ピボットテーブルのデフォルト集計方法
数値データ:合計
数値データ以外:データの個数

データエリアに、
売上金額などの数値データが追加された場合は合計が、
アンケート集計で「tky0001」といった文字データが追加されればデータの個数が、
それぞれ計算されるわけです。

ですからIDフィールドが「tky0001」といった文字データではなく、「1」「2」などの数値であった場合に、IDフィールドをデータエリアに追加すると、デフォルトの集計方法はデータの個数ではなく合計となります。

もちろんIDフィールドの数値を合計したとしても、分析上はまったく使えない値でしかありません。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » ピボットテーブル・ピボットグラフ » データエリア追加時に、合計になるときとデータの個数になるとき

TrackBack:3

TrackBack URL
ピボットテーブルで平均を求める from インストラクターのネタ帳
対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003 ピボットテーブルを作成したときに、元のデータの種類によって、データの個...
合計ではなくデータの個数を求める from インストラクターのネタ帳
対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003 ピボットテーブルのデータエリアにフィールドを追加したとき、数値データの...
数値データなのに個数がカウントされる−空白セル from インストラクターのネタ帳
対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007 ピボットテーブルでは、元データが数値データなのか、...

Home » Excel(エクセル)の使い方 » ピボットテーブル・ピボットグラフ » データエリア追加時に、合計になるときとデータの個数になるとき

「ピボットテーブル・ピボットグラフ」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.