Home » Word(ワード)の使い方 » ショートカットキーを設定する

対象:Word2003, Word2007, Word2010, Word2013

Wordで、[キーボードのユーザー設定]ダイアログを事前に表示しておいてから、ショートカットキーを割り当てる操作をご紹介しています。

もっと便利なカスタマイズ方法がありますので、ご紹介しておきます。

[キーボードのユーザー設定]ダイアログを事前に表示しておいてから、ショートカットキーを設定する場合、コマンドを目視で探さなければいけないところが難点です。

[スポンサードリンク]

リボンなどに表示されているコマンドボタンから[キーボードのユーザー設定]ダイアログを表示する以下の手順なら、コマンドを探す手間を減らすことができます。


▼操作手順:ショートカットキーを設定する
※Ctrl+1キーで段落ダイアログを表示するようにする例

[Ctrl]キー+[Alt]キー+テンキーの[+]キーを押す
 ↓
マウスポインタの形状が変更されたことを確認後
 ショートカットキーを割り当てたい
 [ホーム]タブ
  -[段落]グループ
   -[段落ダイアログ起動ツール]をクリック
 ↓
[キーボードのユーザー設定]ダイアログ
 -[コマンド]欄に
  「FormatParagraph」と表示されていることを確認
 ↓
[割り当てるキーを押してください]欄にカーソルがあることを確認後
 ショートカットキーとして設定したい[Ctrl]+[1]キーを押す
 ↓
[割り当てるキーを押してください]欄に
 「Ctrl+1」と表示されたことを確認後
  [割り当て]ボタンをクリック
 ↓
[キーボードのユーザー設定]ダイアログ
 -[現在のキー]欄に「Ctrl+1」と表示されていることを確認後
  -[閉じる]ボタンをクリック

一番のポイントは、マウスポインタの形状を変更させる操作です。

[Ctrl]+[Alt]キーと、テンキーの[+]キーを同時に押すとマウスポインタが下図のような状態となります。(テンキーがついていないノートパソコンなどの場合、[Num Lock]キーを押すことで、通常のメインキーの一部がテンキーとなります。)

ショートカットキーを簡単に設定する

マウスポインタの形状が上図の状態になってから、ショートカットキーを設定したいコマンドボタンなどを実行します。

今回は[段落]ダイアログを表示する操作にショートカットキーを割り当てる例ですので、下図のように[ホーム]タブ-[段落]グループ-[段落ダイアログ起動ツール]を、クリックします。

ショートカットキーを簡単に設定する

すると、このコマンドにショートカットキーを割り当てる状態で[キーボードのユーザー設定]ダイアログが表示されます。

ショートカットキーを簡単に設定する

[コマンド]欄に表示されている「FormatParagraph」というのが[段落]ダイアログを表示するコマンド名です。

[割り当てるキーを押してください]欄にカーソルがあることを確認後、ショートカットキーとして設定したい[Ctrl]+[1]キーを押すと、下図のように[割り当てるキーを押してください]欄に「Ctrl+1」と表示されるので、

ショートカットキーを簡単に設定する

[割り当て]ボタンをクリックしてください。

ショートカットキーの割り当てが行われると下図のように[現在のキー]欄に「Ctrl+1」と表示されるので、

ショートカットキーを簡単に設定する

[閉じる]ボタンをクリックしてください。

[スポンサードリンク]

Home » Word(ワード)の使い方 » ショートカットキーを設定する

TrackBack:1

TrackBack URL
ショートカットキーが割り当てられているコマンドを確認する from インストラクターのネタ帳
Word(ワード)で、ショートカットキーが割り当てられているコマンドを確認するには、[Ctrl]+[Alt]キーと、テンキーの[+]キーを押してマウスポイ...

Home » Word(ワード)の使い方 » ショートカットキーを設定する

「Word(ワード)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.