Home » Word(ワード)の使い方 » 表示の拡大・縮小をよく行うのなら−ページ幅を基準に表示・1ページボタン

表示の拡大・縮小をよく行うのなら−ページ幅を基準に表示・1ページボタン

対象:Word97,Word2000,Word2002,Word2003

Wordで文書作成をする場合、表示倍率を上げたり・下げたりをやたら行うフェーズがあります。

私の場合、ページ全体のレイアウトを決めるようなフェーズや、印刷直前の微調整を行うようなフェーズに、1ページ全体を表示したり、逆に拡大表示したりという操作を繰り返します。

多くの方が[標準]ツールバー−[ズーム]ボックスを利用して、拡大・縮小を行ってらっしゃると思うのですが、頻繁に操作をする場合に[ズーム]ボックスから目的の表示倍率を選択するのが、面倒に感じる方もいらっしゃることでしょう。

[スポンサードリンク]

ツールバーに、表示の拡大・縮小を行うボタンを作成してしまえば、より簡単に表示倍率を変更することができます。


▼操作手順:ページ幅を基準に表示ボタン・1ページボタンを作成する
メニュー[ツール]−[ユーザー設定]をクリック
 ↓
[ユーザー設定]ダイアログ−[コマンド]タブをクリック
 ↓
[分類]欄−[表示]をクリック
 ↓
[コマンド]欄から[ウィンドウサイズに合わせる]ボタンを
 任意のツールバー上にドラッグアンドドロップ
 ↓
[コマンド]欄から[1ページ]ボタンを
 任意のツールバー上にドラッグアンドドロップ
 ↓
[ユーザー設定]ダイアログ−[閉じる]ボタンをクリック

上記の操作を行うと[ウィンドウサイズに合わせる]ボタンは、「ページ幅を基準に表示」とポップヒントの表示されるボタンになります。このボタンをクリックすると、[標準]ツールバー−[ズーム]ボックスから「ページ幅を基準に」を選択したのと同じ状態となります。

[1ページ]ボタンをクリックすると、同じく[ズーム]ボックスから「ページ全体を表示」を選択したのと同じ状態になります。

[標準]ツールバー−[ズーム]ボックスから「ページ幅を基準に」「ページ全体を表示」を選択して表示倍率を変更していた方にとっては、上記の操作でボタンを作成してしまう方が、ずっと操作が楽になるんじゃないかと思います。

なお、ホイール付きマウスを利用している場合、以前ご紹介したように[Ctrl]キー+ホイール操作でも表示倍率を変更することもできます。

[スポンサードリンク]

Home » Word(ワード)の使い方 » 表示の拡大・縮小をよく行うのなら−ページ幅を基準に表示・1ページボタン

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » Word(ワード)の使い方 » 表示の拡大・縮小をよく行うのなら−ページ幅を基準に表示・1ページボタン

「Word(ワード)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.