Home » Word(ワード)の使い方 » ショートカットキーを割り当てる

ショートカットキーを割り当てる

対象:Word97, Word2000, Word2002, Word2003

Wordにはたくさんのショートカットキーが用意されており、中級レベル以上のユーザーならよくお世話になっていることでしょう。


ですが、普段よく利用するコマンドにショートカットキーが割り当てられていないことに、不満を持っている方も少なくないのではないでしょうか。

[スポンサードリンク]

そんな不満をお持ちの方は、自分でショートカットキーを割り当ててみてはどうでしょうか。


▼操作手順:コマンドにショートカットキーを割り当てる
([Ctrl]+[Shift]+[O]キーで、
 [オプション]ダイアログが表示されるようにする例)

メニュー[ツール]−[ユーザー設定]をクリック
 ↓
[ユーザー設定]ダイアログ−[キーボード]ボタンをクリック
 ↓
[キーボードのユーザー設定]ダイアログで、
[コマンドの指定]−[分類]欄−「ツール」を選択
 ↓
[コマンドの指定]−[コマンド]欄−「ToolsOptions」を選択
 ↓
[キーストロークの指定]欄
 −[割り当てるキーを押してください]テキストボックスをクリック
 ↓
[Ctrl]キー+[Shift]キー+[O]キーを押す
 ↓
[キーストロークの指定]
 −[割り当てるキーを押してください]テキストボックスに
  「Ctrl+Shift+O」と表示されていることを確認
 ↓
[キーボードのユーザー設定]ダイアログ−[割り当て]ボタンをクリック
 ↓
[キーストロークの指定]
 −[現在のキー]テキストエリアに
  「Ctrl+Shift+O」と表示されていることを確認
 ↓
[キーボードのユーザー設定]ダイアログ−[閉じる]ボタンをクリック
 ↓
[ユーザー設定]ダイアログ−[閉じる]ボタンをクリック

ちょっと手順が長いですが、上記の設定後に[Ctrl]+[Shift]+[O]キーを押せば、[オプション]ダイアログが表示されます。

設定手順は慣れないとちょっと面倒ですが、ショートカットキー割り当て後は格段に快適になるわけですから、ショートカットキーをバリバリに利用していて、不満のあった方は試してみる価値はあると思います。

但し、我々日本人にとっては、大きな問題もあります。。

[キーボードのユーザー設定]ダイアログ−[コマンドの指定]−[コマンド]欄に表示されるコマンドが、英語なのです。すべて。

以前、ショートカットキー一覧を出力できることをご紹介しましたが、その出力結果もコマンド名が英語になっていました。

この[キーボードのユーザー設定]ダイアログに表示されるコマンドが全て英語であるというのも、全く同じ原因によるものでしょう。

[スポンサードリンク]

Home » Word(ワード)の使い方 » ショートカットキーを割り当てる

TrackBack:1

TrackBack URL
ショートカットキーを設定する from インストラクターのネタ帳
Word(ワード)でショートカットキーを設定する操作をご紹介しています。

Home » Word(ワード)の使い方 » ショートカットキーを割り当てる

「Word(ワード)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.