Home » いちばんやさしいExcel VBAの教本 » ブレークポイントを一括解除するショートカットキー-Ctrl+Shift+F9

ブレークポイントを一括解除するショートカットキー-Ctrl+Shift+F9

動作検証バージョン:Windows版Excel(バージョン1811 ビルド11029.20108)

すべてのブレークポイントの解除

拙著『いちばんやさしいExcel VBAの教本』で、少しだけ触れているブレークポイントの使い方について補足記事を書きました。

このブレークポイント機能について、集合教室型セミナー『ビジネスパーソンのためのExcelマクロ入門講座』の際に、何度かいただいたご質問があります。

インジケーターバーのクリックや、ショートカットキー[F9]でブレークポイントの設定と解除ができることがわかったあと、
「全部のブレークポイントを、まとめて一気に解除するショートカットキーはないのでしょうか?」
といったご質問を何度かいただいたことがあるのです。

ブレークポイントを一括解除するショートカットキー

以下のショートカットキーで、すべてのブレークポイントを一括解除できます。


▼ブレークポイントを一括解除するショートカットキー
[Ctrl]+[Shift]+[F9]

個々のブレークポイントの設定と解除が[F9]キーででき、その応用的なショートカットキー[Ctrl]+[Shift]+[F9]で、一括解除もできるわけです。

忘れたらメニューを展開してコマンドを確認しましょう

もし[Ctrl]+[Shift]+[F9]を忘れてしまったら、メニューバーからコマンドを確認しましょう。

すべてのブレークポイントの解除

メニュー[デバッグ]をクリックして表示されるコマンド[すべてのブレークポイントの解除]の横に、「Ctrl+Shift+F9」がちゃんと表示されています。

最終更新日時:2019-01-05 04:43

[スポンサードリンク]

Home » いちばんやさしいExcel VBAの教本 » ブレークポイントを一括解除するショートカットキー-Ctrl+Shift+F9

TrackBack:1

TrackBack URL
ブレークポイントを使ってみてください from インストラクターのネタ帳
『いちばんやさしいExcel VBAの教本』のChapter 12で作成する、複数のシートをまとめるマクロを理解する際にブレークポイントを活用しましょう。

Home » いちばんやさしいExcel VBAの教本 » ブレークポイントを一括解除するショートカットキー-Ctrl+Shift+F9

「いちばんやさしいExcel VBAの教本」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.