Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » Excel 2010・2007で上付き文字を作成する

対象:Excel2007, Excel2010

「excel2010の使い方 上付き文字の作成」
という検索が行われていました。

Excel 2010で、上付き文字を設定する方法を探している方による検索です。

[スポンサードリンク]

上付き文字を設定する操作方法

Excel 2007・2010の場合、以下の操作で上付き文字を設定できます。


▼操作手順:上付き文字を設定する
※32(3の2乗)と表示する例
「'32」と入力する
 ↓
上付き文字としたい「2」だけを選択
 ↓
[ホーム]タブ
 -[フォント]グループ
  -[セルの書式設定]ダイアログボックス起動ツールをクリック
 ↓
[セルの書式設定]ダイアログ
 -[フォント]タブ
  -[文字飾り]欄
   -[上付き]チェックボックスをOnに
 ↓
[セルの書式設定]ダイアログ-[OK]ボタンをクリック

Excel2010・2007で上付き文字を作成する

シングルクォートを先頭につける理由

最初に「'32」と先頭に「'」(シングルクォート)をつけて入力しているのは、文字列とするためです。

「32」だけだと、数値と見なされて[セルの書式設定]ダイアログ-[フォント]タブ-[文字飾り]欄-[上付き]チェックボックスをOnにしても、「32」(3の2乗)とはならず「32」に戻されてしまうためです。

表示形式を文字列にしてもOK

「'」を先頭につけるのではなく、[セルの書式設定]ダイアログ-[表示形式]タブ-[分類]欄で、「文字列」を選択してもOKです。

[セルの書式設定]ダイアログの表示は、ダイアログボックス起動ツールをクリックするより、キーボード操作に慣れている方ならショートカットキー[Ctrl]+[1]を利用するのが便利でしょう。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » Excel 2010・2007で上付き文字を作成する

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » Excel 2010・2007で上付き文字を作成する

「Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.