Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » Excel 2013・2010・2007で消しゴムは?

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013

「2007 エクセル 消しゴム」
「オフィス2010エクセル 消しゴムの場所」
「2013エクセル 消しゴムの出しかた」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスが、時折あります。

Wordでは、マウスポインタを消しゴム状態にして、表の構造を変更したり、罫線を引いたりすることができます。

似たような機能がExcelにも存在していて、先の検索は2007以降のExcelで、マウスポインタを下図のように、

Excel 2013・2010・2007で消しゴムは?

消しゴム状態にするコマンドが、どこにあるのかを探している方によるものです。

(同じようなコマンドですが、Excelの場合は、表の構造を変更することはできず、単純に罫線を削除するだけの機能である点が、Wordとは異なります。)

[スポンサードリンク]

リボンから消しゴム状態にする

罫線を削除する消しゴム状態にするには、以下の操作を行ってください。


▼操作方法:マウスポインタを消しゴム状態にする
[ホーム]タブ
 -[フォント]グループ
  -[罫線][▼]ボタン
   -[罫線の削除]をクリックする

[ホーム]タブ-[フォント]グループ-[罫線][▼]ボタンとは下図のボタンで、

Excel 2013・2010・2007で消しゴムは?

クリックするとドロップダウンメニューが表示され、下のほうに[罫線の削除]コマンドは配置されています。

Excel 2013・2010・2007で消しゴムは?

[ホーム]タブ-[フォント]グループ-[罫線][▼]ボタン-[罫線の削除]をクリックすると、マウスポインタが消しゴム状態になり、クリックしたり、ドラッグしたりすることで罫線を削除できます。

[Esc]キーを押すと、マウスポインタは通常の状態に戻ります。

[罫線の削除]を頻繁に利用するのなら、クイックアクセスツールバーに登録しておくのが便利でしょう。

鉛筆状態から消しゴム状態にする

[罫線の作成][罫線グリッドの作成]を実行して、マウスポインタが鉛筆状態になっている場合、以下の操作でもマウスポインタを消しゴム状態にできます。


▼操作方法:マウスポインタを消しゴム状態にする
マウスポインタが鉛筆状態のときに[Shift]キーを押しっぱなしにする

[ホーム]タブ-[フォント]グループ-[罫線][▼]ボタンをクリックして表示されるドロップダウンメニューには[罫線の作成][罫線グリッドの作成]コマンドが存在しています。

Excel 2013・2010・2007で消しゴムは?

[罫線の作成]をクリックすると下図のような、

Excel 2013・2010・2007で消しゴムは?

[罫線グリッドの作成]をクリックすると下図のような、

Excel 2013・2010・2007で消しゴムは?

鉛筆状態のマウスポインタになって、クリックしたりドラッグしたりすることで、罫線を引けるようになります。

この状態のときに[Shift]キーを押しっぱなしにすると、マウスポインタが消しゴム状態になります。

鉛筆状態のマウスで罫線を引いているときに、間違って引いてしまった罫線をすぐに削除できるわけです。

(ちなみに、消しゴム状態のときに[Shift]キーを押しっぱなしにしたとしても、鉛筆状態にはなりません。)

Excel 2007・2010・2013をお使いの方は、一度ご自分の手を動かしてご確認ください。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » Excel 2013・2010・2007で消しゴムは?

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » Excel 2013・2010・2007で消しゴムは?

「Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.