Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » 結合セルでの不具合を回避−選択範囲内で中央

結合セルでの不具合を回避−選択範囲内で中央

対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003

[セルを結合して中央揃え]ボタンをクリックして、セル結合を行っている方は少なくないと思います。

人気のあるセルの結合ですが、私個人はできるだけ使わないようにしています。

セル結合が行われていると、
「この操作には同じサイズの結合セルが必要です。」
といったメッセージが表示されて、操作できなくなることがどうしてもあるためです。

セル結合で不具合が多いという方は、以下の操作を試してみてはいかがでしょう。

[スポンサードリンク]

実際にはセル結合を行わずに、セル結合されているかのように、複数セルの中央に文字を表示させる方法です。


▼操作手順:結合をしていない複数セルの中央にデータを表示する
文字を中央に表示させたいセル範囲を選択
 ↓
メニュー[書式]−[セル]をクリック
 ↓
[セルの書式設定]ダイアログ
 −[配置]タブをクリック
 ↓
[横位置]で、「選択範囲内で中央」を選択
 ↓
[セルの書式設定]ダイアログ−[OK]ボタンをクリック

上記の操作を行うと、選択していたセル範囲の中央に、先頭(一番左)のセルに入力されていたデータが表示されるようになります。

セル結合で不具合が多いという方は一度お試しください。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » 結合セルでの不具合を回避−選択範囲内で中央

TrackBack:1

TrackBack URL
セル結合時にデータもマージするマクロ from インストラクターのネタ帳
対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007, Excel2010 Excelでセルの結合を行うと、よろしくない現象がいろいろ発...

Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » 結合セルでの不具合を回避−選択範囲内で中央

「Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.