Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » Excel 2007の折り返して全体を表示するボタン


Excel 2007の折り返して全体を表示するボタン

対象:Excel2007

[セルの書式設定]ダイアログ−[配置]タブ−[文字の制御]欄−[折り返して全体を表示する]チェックボックスをOnにすることで、セル幅に収まりきらない文字列が入力されたときに自動的に折り返しが行われ全体が表示されます。

また通常のセルで[Alt]+[Enter]キーを使ってセル内改行すれば、[セルの書式設定]ダイアログ−[配置]タブ−[文字の制御]欄−[折り返して全体を表示する]チェックボックスは自動的にOnになります。

[折り返して全体を表示する]チェックボックスのOn/Offを切り替える場合、2003までのExcelでは[セルの書式設定]ダイアログを表示するか、マクロを作成しておいてマクロ呼び出しのボタンをツールバーに作成する必要がありました。

簡単に[折り返して全体を表示する]のOn/Offを切り替えたいという要望は多かったのでしょう。

[スポンサードリンク]

Excel 2007ではリボン上に[折り返して全体を表示する]のOn/Offを切り替えるボタンが用意されています。


▼操作方法:折り返して全体を表示する
[ホーム]タブ
 −[配置]グループ
  −[折り返して全体を表示する]ボタンをクリックしてOnにする

[ホーム]タブ−[配置]グループ−[折り返して全体を表示する]ボタンはトグルボタンになっています。

Offの状態からクリックすればOnになり、Onの状態からもう一度クリックすればOffになります。

折り返して全体を表示するボタン

Excel 2007をお使いの方はご確認ください。

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » Excel 2007の折り返して全体を表示するボタン

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定 » Excel 2007の折り返して全体を表示するボタン

「Excel(エクセル)の使い方-セルの書式設定」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.