Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » Cellsプロパティ » VBAで折り返して全体を表示の解除

VBAで折り返して全体を表示の解除

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013

「vba 折り返して全体を表示するをやめる」
「vba 折り返して全体を表示するのチェックをはずす」
「マクロ 折り返して全体を表示しない」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスが時折あります。

さまざまに表現されていますが、[セルの書式設定]ダイアログ-[配置]タブ-[折り返して全体を表示する]チェックボックスを、

折り返して全体を表示するを解除するVBAのコード

Offにする・解除する、VBA(Visual Basic for Applications)のコード・マクロを探している方による検索です。

[スポンサードリンク]

アクティブシートの折り返して全体を表示の解除マクロ

アクティブシートの、すべてのセルの、折り返して全体を表示を解除するのなら、以下のような一行のマクロでOKです。


Sub アクティブシートの折り返して全体を表示を解除する()
 Cells.WrapText = False
End Sub

Cellsプロパティの引数を省略すると、全セルをあらわすRangeオブジェクトが取得できるので、そのWrapTextプロパティを、

折り返して全体を表示するを解除するVBAのコード

Falseにしています。

アクティブブックの折り返して全体を表示の解除マクロ

アクティブなブックの、全ワークシートの、すべてのセルの、折り返して全体を表示の解除なら、以下のようなマクロです。


Sub アクティブブックの全シートの折り返して全体を表示を解除する()
 Dim ws As Worksheet

 For Each ws In Worksheets
  ws.Cells.WrapText = False
 Next ws
End Sub

For Each ~ Next文を使って、先の
 Cells.WrapText = False
という処理が、すべてのワークシートに対して行われるようしたマクロです。

折り返して全体を表示を解除するサンプルコード

選択されたセル範囲の、折り返して全体を表示の解除なら、
 Selection.WrapText = False
です。

例えば、A1:G8セルの、折り返して全体を表示の解除なら、
 Range("A1", "G8").WrapText = False
です。

逆に、折り返して全体を表示する設定をしたいのならば、上記のコードでFalseとなっているのをTrueにしてください。

[スポンサードリンク]

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » Cellsプロパティ » VBAで折り返して全体を表示の解除

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » Cellsプロパティ » VBAで折り返して全体を表示の解除

「Cellsプロパティ」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.