Home » Office 2007(オフィス2007)の使い方 » 自動バックアップの解除方法−次の間隔で自動回復用データを保存する

自動バックアップの解除方法−次の間隔で自動回復用データを保存する

対象:Word2007, Excel2007, PowerPoint2007, Publisher2007, Word2010, Excel2010, PowerPoint2010, Publisher2010

先日このサイト・インストラクターのネタ帳で
「Word2010 自動バックアップ解除方法」
といった検索がおこなわれていました。

ここで「自動バックアップ」と表現されているものが何なのか、この検索だけでは特定できませんが、Wordで「自動バックアップ」と表現される可能性のある機能は2つあります。

いうなれば、システム的な不具合に備えるための自動バックアップと、人為的ミスに備えるための自動バックアップです。

システム的な不具合に備えるためのバックアップとは、PCの電源が突然落ちてしまったり、アプリケーションが落ちてしまったようなときに、自動的にファイルを回復してくれる機能です。

この機能を止めるべき理由は、私には思いつかず、停止しないことをおすすめしますが、その設定箇所がユーザーにとってわかりやすい位置に配置されてしまっていることもあるので、こちらの停止方法を、あえて先にご紹介しておきます。

[スポンサードリンク]

2010・2007では以下の操作で、システム的な不具合に備える自動バックアップを解除すことはできます。


▼操作概要:自動バックアップを解除する
[○○のオプション]ダイアログー[保存]をクリック
 ↓
[○○の保存]欄
 −[次の間隔で自動回復用データを保存する]チェックボックスをOffにする
 ↓
[○○のオプション]ダイアログー[OK]ボタンをクリック

アプリケーションの種類によって表記などは微妙に異なりますが、[○○のオプション]ダイアログー[保存]の上のほうに[次の間隔で自動回復用データを保存する]チェックボックスは配置されています。

自動バックアップの解除方法

[○○のオプション]ダイアログー[保存]をクリックすると[次の間隔で自動回復用データを保存する]チェックボックスがすぐ見つかるため、本当は人為的ミスに備えるための自動バックアップを停止したいのに、誤ってこちらをOffにしてしまう方もいらっしゃるようです。

Office 2010になってからのこの自動回復機能はかなりよくなっていて、私がこれまで体験した中では、万一のときにも数分前の状態のファイルがちゃんと回復されていますから、こちらの自動バックアップは停止しないほうがいいと思います。

[○○のオプション]ダイアログは、Office 2010なら[ファイル]タブ−[オプション]から、Office 2007なら[Officeボタン]−[○○のオプション]ボタンから、アクセスキーならOffice 2010でも2007でも[Alt]→[T]→[O]で、表示できます。

人為的ミスに備えるためのWordの自動バックアップの停止方法については、近日中に別途ご紹介します。

[スポンサードリンク]

Home » Office 2007(オフィス2007)の使い方 » 自動バックアップの解除方法−次の間隔で自動回復用データを保存する

TrackBack:1

TrackBack URL
バックアップ(.wbk)ファイルを作成しないように from インストラクターのネタ帳
対象:Word2007, Word2010 Office 2010・2007で、システムな不具合に備えるためのバックアップ機能を停止する方法をご紹介しま...

Home » Office 2007(オフィス2007)の使い方 » 自動バックアップの解除方法−次の間隔で自動回復用データを保存する

「Office 2007(オフィス2007)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.