Home » Office 2007(オフィス2007)の使い方 » フォントサイズの拡大・縮小ボタンの動作の違い

フォントサイズの拡大・縮小ボタンの動作の違い

対象:Word, Excel, PowerPoint
バージョン:2007, 2010

Microsoft MVP for Wordの新田順也さんのブログ「みんなのワードマクロ」で


という記事が公開されています。

この記事を読んでいて、フォントサイズを拡大したり縮小したりするボタンの仕様が、ExcelやPowerPointでどうだったのかが気になりましたので、まとめておきます。

Office 2007以降、[ホーム]タブ-[フォント]グループに、フォントサイズを拡大・縮小するボタンが表示されています。

フォントサイズの拡大・縮小ボタンの動作の違い

[スポンサードリンク]

外見は同じボタンですが、実は仕様が微妙に異なります。


▼フォントサイズの拡大・縮小ボタンの仕様
サイズの異なる文字を選択した状態でクリックしたときの動作

Word・PowerPointの場合
フォントサイズが異なったまま拡大・縮小が行われる

Excelの場合
先頭の文字のフォントサイズに統一された上で拡大・縮小が行われる

Wordで、下図のようにフォントサイズの異なる文字列を選択した状態で[ホーム]タブ-[フォント]タブ-[フォントの縮小]ボタンをクリックすると、

フォントサイズの拡大・縮小ボタンの動作の違い

下図のような状態となります。

フォントサイズの拡大・縮小ボタンの動作の違い

フォントサイズが異なったままで、縮小が実行されています。

PowerPointでも同じことです。

一方、Excelの場合、下図の状態で[ホーム]タブ-[フォント]タブ-[フォントサイズの縮小]ボタンをクリックすると

フォントサイズの拡大・縮小ボタンの動作の違い

下図のような状態となります。

フォントサイズの拡大・縮小ボタンの動作の違い

フォントサイズが同じになってから縮小が行われています。

Word・PowerPointとExcelでは、アプリケーションとしての役割が違うのだということを実感できる結果です。

Excelは、やはり、ワープロソフトではないということです。

[スポンサードリンク]

Home » Office 2007(オフィス2007)の使い方 » フォントサイズの拡大・縮小ボタンの動作の違い

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Office 2007(オフィス2007)の使い方 » フォントサイズの拡大・縮小ボタンの動作の違い

「Office 2007(オフィス2007)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.