Home » Office 2007(オフィス2007)の使い方 » ワードアートが違う−Office2007

対象:Office2007

2003までのOfficeでは、オートシェイプやワードアートの機能は、まあまあ似ています。

ですから、オートシェイプの操作については、ExcelやPowerPoint上で覚えてしまってから、Wordでの操作を習得するほうが簡単じゃないかと考えています。

ところが、Office 2007ではそういえなくなっています。

[スポンサードリンク]

例えば、オートシェイプ・図形の書式設定を行うダイアログの形状は、WordとExcel & PowerPointとでは異なっています。

ワードアートについても同様に、Wordと、Excel & PowerPointとでは異なっています。

Wordでは、ワードアートの挿入を[挿入]タブ−[テキスト]グループ−[ワードアート]から行い、インターフェースこそ異なりますが、2003までのワードアートとよく似ています。

Wordr 2007のワードアート

2003までのワードアートをお使いの方には、お馴染みといっていいかもしれない状態でしょう。

しかし、ExcelやPowerPointは、まったく異なっています。

下図は、PowerPoint 2007で[挿入]タブ−[テキスト]グループ−[ワードアート]ボタンをクリックしたところです。

PowerPoint 2007のワードアート

Wordとはまるで異なっていることがおわかりいただけるでしょう。

インストラクターな立場としては、要注意なコマンドに感じます。

[スポンサードリンク]

Home » Office 2007(オフィス2007)の使い方 » ワードアートが違う−Office2007

TrackBack:2

TrackBack URL
Office2007でワードアートの文字の間隔を調整したい−フォントダイアログ from インストラクターのネタ帳
対象:Excel2007,PowerPoint2007 Excel 2007やPowerPoint 2007でワードアートをお使いの方から 「Offic...
Word2010のワードアート from インストラクターのネタ帳
対象:Word2010 同じOffice 2007でも、Word 2007と、Excel 2007やPowerPoint 2007では、ワードアートが異...

Home » Office 2007(オフィス2007)の使い方 » ワードアートが違う−Office2007

「Office 2007(オフィス2007)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.