Home » Office 2007(オフィス2007)の使い方 » 最近使用したドキュメントの一覧に常に表示−Office2007

最近使用したドキュメントの一覧に常に表示−Office2007

対象:Word2007,Excel2007,PowerPoint2007

Office2007では、インターフェースが大きく変更されたことや、ファイルフォーマットが変更されたことが大きく注目されていますが、その他にも機能アップされた点がいろいろあります。

決して目立つ機能ではありませんが、実務上かなり便利だと感じる機能が追加されています。

一度開いたファイルを、最近使用したドキュメントの一覧に常に表示してくれる機能です。

[スポンサードリンク]

2003までのOfficeでは、メニュー[ファイル]をクリックして表示されるドロップダウンメニューの下の方に、最近使用したファイルが一覧表示されます。

よく使うファイルや、最近使用したファイルは、このリストから開くことができるので、なかなか便利なのですが、一覧表示されるファイル数は9個までなので、その上限を超えるとリストから削除されてしまう点が、残念な点でもありました。

これが2007になって改善されているのです。


▼操作手順:特定のファイルを常に最近使用したドキュメントの一覧に表示されるようにする
[Officeボタン]をクリック
 ↓
[最近使用したドキュメント]欄のピン型アイコンをクリック

[最近使用したドキュメント]欄には、従来どおり最近使ったファイルが一覧表示されているのですが、ここに押しピンの形状をしたアイコンが表示されるようになっています。

このピン型アイコンの上にマウスポインタを移動すると、
「このドキュメントが最近使用したドキュメントの一覧に常に表示されるように設定します。」
というポップヒントが表示され、クリックすると、横向きだった淡色表示の押しピンが、緑色の挿した状態の形状に変化します。

この状態になると、たくさんのファイルを後から開いたとしても、そのファイルは一覧から削除されることなく、常に表示されたままとなります。

本当に些細な機能アップですが、なかなか便利な機能ですので、Office 2007を利用している方は一度試してみてはいかがでしょう。

[スポンサードリンク]

Home » Office 2007(オフィス2007)の使い方 » 最近使用したドキュメントの一覧に常に表示−Office2007

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Office 2007(オフィス2007)の使い方 » 最近使用したドキュメントの一覧に常に表示−Office2007

「Office 2007(オフィス2007)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.