Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » IME 日本語入力システム » 住所から郵便番号

対象:MS-IME2003

郵便番号から住所に変換できるのは、MS-IMEの便利な機能の一つです。

逆に、住所から郵便番号を調べることも可能です。

[スポンサードリンク]

例えば「東京都港区南青山」という住所から、MS-IMEを使って郵便番号を調べるには以下のような操作を行います。


▼操作手順:住所から郵便番号を調べる
※「東京都港区南青山」から郵便番号「107−0062」を調べる例

メモ帳などに「東京都港区南青山」という文字列を貼り付け
 ↓
日本語入力ができる状態にする
 ↓
IMEバーの[般]と表示されている[変換モード]をクリック
 ↓
表示されたメニューから[人名/地名]をクリック
 ↓
[変換モード]が[名]という表示になったことを確認
 ↓
「東京都港区南青山」という文字列を選択
 ↓
[変換]キーを押す

上記の操作を行うと「107−0062」という変換候補が表示されます。

メモ帳に「東京都港区南青山」という文字を貼り付けるのは、IMEで再変換を行うためです。

このネタをご覧になっている方の中には、この操作を試してみようとしていきなりブラウザ上で「東京都港区南青山」という文字列を選択して、[変換]キーを押す操作をしてしまう方がいらっしゃるかもしれません。

それではダメです。

あくまでもIMEの再変換機能を利用して、住所から郵便番号を調べる方法なのです。

ですから、メモ帳でなくてもIMEが利用できるアプリケーションなどであれば、WordでもExcelでも何でもOKです。

初期状態のMS-IMEでは、郵便番号辞書は[人名/地名]モードのときに利用できるので、上記ではIMEバーの[般]と表示されている[変換モード]をクリックして、変換モードを変更する操作を行っています。

このワザを頻繁にご利用にあんるのであれば、郵便番号辞書を利用する変換モードを変更してしまう方が便利でしょう。


▼操作手順:郵便番号辞書を一般モードでも利用するよう設定変更する
IMEバーの[ツール]をクリック
 ↓
表示されたメニューから[プロパティ]をクリック
 ↓
[Microsoft IMEスタンダードのプロパティ]ダイアログ
 −[辞書/学習]タブをクリック
 ↓
[システム辞書]欄
 −[Microsoft IME郵便番号辞書]チェックボックスを
  完全なOnの状態(白地に黒チェック)にする
 ↓
[Microsoft IMEスタンダードのプロパティ]ダイアログ
 −[OK]ボタンをクリック

上記の設定を行っておけば、MS-IMEがOnの状態のときに郵便番号から住所への変換もできますし、住所から郵便番号への再変換もできます。

[スポンサードリンク]

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » IME 日本語入力システム » 住所から郵便番号

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » IME 日本語入力システム » 住所から郵便番号

「IME 日本語入力システム」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.