Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » IME 日本語入力システム » 変換候補を効率よく表示

対象:MS-IME

IME(Imput Method Editor)は、日本語を入力する際には必ずお世話にならなければなりません。WindowsやMS-Office付属のMS-IMEをお使いの方が、まあ多いのでしょうが、ジャストシステムのATOKも根強い人気があります。

どんなIMEを使っていても、ローマ字入力やカナ入力で一旦かなを表示させ、それから漢字に変換するという操作を、日本人は幾度となく繰り返さなければいけません。

パソコン初心者の方がはじめに苦労するのは、この日本語を入力するという行為です。

英語圏のパソコン初心者の方に接したことはないのですが、変換という行為が不要な英語圏のパソコン初心者と比べると、IMEを使わなければいけない2バイト文字文化圏の人々は大きなハンデを負っているのだなあと、日本語入力に苦労しているパソコン初心者の方に接するたびに感じます。

また、日本語入力が苦もなくできるようになった段階の人でも、脳のどこかで必ずこの変換操作に関する処理を行なっているはずです。

英語圏の人にはこの漢字変換に関する脳内の処理は勿論不要なわけで、我々が漢字変換のために利用している脳の部分を使って英語圏の人々はどんなことを処理しているのだろう、などという妄想をしてしまいます。

その日本語入力に使われているWindows付属のMS-IMEですが、毎日使っているものであるにも関わらず、或いは日々使うものであるからこそ、その使い方がよく知られていなかったりします。

例えば大量の変換候補があるような場合に、ひたすら[スペース]キーや[変換]キーを押し続けて変換候補を表示させたり、確定操作をしていませんか?

[スポンサードリンク]

勿論、たくさんの変換候補がある場合、[↓]キーや[↑]キーを使う方が楽なはずです。プルダウン表示されている中に確定候補があれば、数字キーを押して選択する方が楽でしょう。

[↓][↑]キーや数字キーの操作をご存知の方でも、もっと大量に変換候補があるときの操作をご存知ないことが少なくないようです。


▼操作方法:MS-IMEの変換候補表示を効率よく切り替える
変換候補がプルダウン表示された状態で、
[PageDown]キー
[Shift]キー+[↓]キー
[PageUp]キー
[Shift]キー+[↑]キー
を押す

「きごう」と入力して大量の変換候補を表示させ、上記の操作を試してみてください。いかがでしょうか。[↓][↑]キーを押すよりずっと便利なはずです。

MS-IMEの変換候補については、IME 2003では[Tab]キーで表示切り替えができることや、変換候補の並べ替えができることを以前ご紹介しています。合わせてご参照ください。

[スポンサードリンク]

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » IME 日本語入力システム » 変換候補を効率よく表示

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » IME 日本語入力システム » 変換候補を効率よく表示

「IME 日本語入力システム」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.