Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » IME 日本語入力システム » IME辞書のバックアップと復元

対象:MS-IME

このサイトで
「IME ユーザー辞書 バックアップ方法」
といった検索が行われていることがあります。

ご自分で単語登録などをした、MS-IMEのユーザー辞書をバックアップする方法を調べている方の検索でしょう。

IME辞書のバックアップは、.DICファイルをそのままコピーしておくという方法もありますが、私はテキストファイルとして出力してしまうほうが柔軟性が高く便利に感じています。

[スポンサードリンク]

以下の手順でIME辞書をテキストファイルにすることができます。


▼操作手順:IME辞書をバックアップする
日本語入力のできる状態で[Ctrl]キー+[F10]キーを押す
 ↓
表示されたショートカットメニューから[辞書ツール]を選択
 ↓
表示された[Microsoft IME 辞書ツール]の
 メニュー[ツール]−[一覧の出力]をクリック
 ↓
[一覧の出力]ダイアログで
 保存先・ファイル名を指定して[保存]ボタンをクリック

上記の手順で出力されたテキストファイルを、バックアップとしてとっておけばOKです。

IMEツールバーが表示されていれば、もちろんツールバーから[辞書ツール]を選択してもいいですが、IMEツールバーは消えてしまっていたり、隠れてしまっていたりすることも多々あるので、私はもっぱらショートカットキー[Ctrl]+[F10]で表示されるショートカットメニューを利用しています。

日本語キーボードをお使いならもちろん[Ctrl]+[変換]キーでもIMEのショートカットメニューは表示できます。

バックアップの復元は以下の手順です


▼操作手順:IME辞書にテキストファイルから登録する

日本語入力のできる状態で[Ctrl]キー+[F10]キーを押す
 ↓
表示されたショートカットメニューから[辞書ツール]を選択
 ↓
表示されたMicrosoft IME 辞書ツールの
 メニュー[ツール]−[テキストファイルからの登録]をクリック
 ↓
[テキストファイルからの登録]ダイアログで
 バックアップしたテキストファイルを指定して[開く]ボタンをクリック

辞書登録機能をよくご利用になっている方は、万一辞書が壊れてしまうととても悲しいので、是非、IME辞書をバックアップしておくことをおすすめします。

複数のPCをお使いの場合や、PCを移行するような場合も、このテキストファイルへの出力と登録は便利です。

辞書登録をよくご利用の方で、今までバックアップをとっていなかったという方は、是非ご確認ください。

[スポンサードリンク]

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » IME 日本語入力システム » IME辞書のバックアップと復元

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Windows(ウィンドウズ)の使い方 » IME 日本語入力システム » IME辞書のバックアップと復元

「IME 日本語入力システム」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.