Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Sheets・Worksheet » VBAでアウトラインを折りたたみ・展開する-Outline.ShowLevels

VBAでアウトラインを折りたたみ・展開する-Outline.ShowLevels

対象:Excel2003, Excel2007, Excel2010

「VBA アウトライン 展開」
という検索が行われていました。

VBA(Visual Basic for Applications)で、アウトラインを展開する方法を探している方による検索です。

VBAのコードを作成する際、マクロ記録機能はヒントを得るために便利なツールです。

しかし、残念ながらすべての操作が記録されるわけではありません。

アウトラインの折りたたみ・展開は、Excel 2007以降では、マクロ記録できなくなっている操作の一つです。(Excel 2003でも操作方法によって記録されたりされなかったりします)

[スポンサードリンク]

アウトラインの折りたたみ・展開をするVBAのコードは複数のタイプが考えられますが、まずは、Outlineオブジェクトの、ShowLevelsメソッドを使う方法をご紹介しておきます。


▼アウトラインの表示状態を変更するコード
※アクティブシートの行のアウトラインのレベル2まで表示する例

ActiveSheet.Outline.ShowLevels RowLevels:=2

上記のコードを実行すると、アクティブなワークシートで、行のアウトラインが、レベル2まで表示されます。

すべて閉じてレベル1だけ表示する場合は
「ActiveSheet.Outline.ShowLevels RowLevels:=1」
すべて展開する場合は
「ActiveSheet.Outline.ShowLevels RowLevels:=10」
などと引数・RowLevelsに大きな値を指定すればOKです。

列のアウトラインレベルの場合は、引数・ColumnLevelsに値を指定してください。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Sheets・Worksheet » VBAでアウトラインを折りたたみ・展開する-Outline.ShowLevels

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Sheets・Worksheet » VBAでアウトラインを折りたたみ・展開する-Outline.ShowLevels

「Sheets・Worksheet」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.